リベラル デモクラシー。 「自由」と「平等」は両立しないんです ~ アメリカがデモクラシーの国ではなかった理由

「リベラルな民主主義」と「リベラルでない民主主義」の代表例は?

中でも,例えば住居・職業選択の自由(第22条),財産権(第29条)では,経済活動の自由が明確に規定されています。 そのような場合、ポピュリスト政党が大衆迎合的な政策を打ち出して支持を広げることがある。 企業によっては度を超した懐柔工作を行うことで、提灯記事を書かせたり、不祥事をもみ消すことなどを行っている。 そして、 神が造った人間は、 自分が どちら側なのかは、 わからない。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。

もっと

欧州統合とポピュリズム──「リベラルEU」対「反リベラル・ポピュリズム」|特集|三田評論ONLINE

ジョージ・ワシントン 【「アメリカはデモクラシーの国ではなかった」】というのが小室氏の意見です。 私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、 客観的に情勢を判断する必要があります。 能楽や茶道といった日本の「形式的芸術」も、秀吉における天下統一以降平和を得た日本人が考案した気概のはけ口だったという。 政党の看板として共産主義を掲げ、自由民主主義とは異質でアンチテーゼとなる理念を戴き、かつまた、そのために自由民主主義者から攻撃の標的にされている共産党が、日本の政治の中で最も民主主義の実績と機能を持っているという事実は、非常に皮肉なことであり、日本独自のパラドクシカルな政治的現実である。 EUはハンガリーとポーランドに対して「法の支配」原則違反を理由に権利停止手続をすでに発動しているが、両国は意に介していないようである。

もっと

リベラリズムが生き残る理由――『アフター・リベラル 怒りと憎悪の政治』(講談社現代新書)

何の役に立つのかわかりにくい理想論や極端に微細な議論ばかりに取り組むような研究者は、短期的には一種のフリーライダーとして見られる面はあるかもしれませんが、長期的な学問の発展のなかで見た場合には、どの研究が実際に「役に立つ」ことになるのかは、現時点で判断できるものではありません。 党の理念は党名に掲げられる。 フランスも、ジョスパン政権が大々的な、かつての保守政権以上の民営化をやるわけです。 全体主義や共産主義、あるいは宗教的権威主義も、リベラル・デモクラシー以上に物質的豊かさも気概も満たしてはくれない。 エイボン川に沿った住宅地の一部は地盤沈下・液状化が起こり、災害危険区域指定を受けた 8000 軒ほどの住宅が移転対象に。

もっと

「リベラル・デモクラシー」とは何か

自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。

もっと

「リベラル・デモクラシー」とは何か

ブレグジットの場合もそうですが、既成政党の対立軸に馴染まないものを争点化すると、それが政党そのものを分断してしまう。

もっと