コロナ 教育 格差。 焦点:南ア社会の根深い教育格差、新型コロナで浮き彫りに

コロナ禍で広がる「教育格差」を食い止めるために

自分で勉強を進められる力がつけば、たとえ休校が秋まで長引いたとしても、マイナスの影響を最小限に抑えることができます。

もっと

コロナ禍があぶりだした貧困と格差。撤退したサンダースの主張が改めて注目される皮肉

ICT環境に関し、『18歳意識調査』では次のような声が挙げられました。

もっと

新型コロナが教育システムを変え、「情報格差」を増加させる

本人が変えることのできない「生まれ」によって人生の可能性が制限されている教育格差は、日本社会で育ったすべての人にとってひと事ではないのです。 (、 を参考に筆者作成) 「生まれ」の条件に関わらず、高学歴や高収入の職に就く人たちもいます。

もっと

新型コロナが突きつけた「教育格差」(前編)|特集記事|NHK 教育サイト 子どもたちの「いま」|NHK NEWS WEB

「パンデミックを機に、私たちは考え始めている。 その差は10歳以降も埋まることなく、中学2年生にあたる14歳は困窮してない子どもが53. これまで教育に投資してこなかったツケが、この緊急事態に一度に押し寄せてきています。 特に受験を控えた中学3年生や高校3年生にとっては、入試の日程がずれる可能性は低く、入試の出題範囲に授業が追いつかないという深刻な事態も考えられます。 そのため 生み出されるはずの所得が減ってしまうため日本経済は縮小することになるのです。 6月4日、パンデミックの渦中、「教育格差」が世界中で表面化している。 今後、エッセンシャルワーカーの分野では大変な人手不足に陥り、介護分野などは維持できなくなる可能性が高いです」 国や地方自治体で働く非正規公務員の問題解決を目指しているNPO法人「官製ワーキングプア研究会」は、公共サービスを担うエッセンシャルワーカーにアンケートを実施し、回答者235人の声をまとめた。

もっと