川崎 天然 ガス 発電 所。 川崎天然ガス発電所の概要

東京ガス : プレスリリース / 「川崎天然ガス発電所3・4 号機増設計画 計画段階環境配慮書」の送付について

かなり好採算の事業だと言えるでしょう。 とは言うものの、天然ガス価格増分をそのまま売電価格に反映させることは難しいでしょうから、ある程度は収益圧迫が避けられないと考えるべきです。 1~4号機は廃止。 先日、。 ご参考までに作成したエクセルのモデルを以下にリンクします。

もっと

東京ガス : プレスリリース / 川崎天然ガス発電所の営業運転開始について

2、3号機計画中。 総出力:84. 石炭 200万kW 2003年12月 常陸那珂ジェネレーションによる1号機(65万kW)建設中。 、木質 180万kW 1993年5月 、 60万kW 1980年7月 秋田県 1~3、5号機は廃止。

もっと

日本の火力発電所一覧

重油、原油 140万kW 1981年5月 1、2号機は廃止。 石炭 210万kW 2000年7月 石炭 100万kW 1981年1月 石炭 200万kW 1990年6月 長崎県 石炭 31. また、ガス調達価格が5円上がると、前者4. 初期投資額の2割を出資者が、8割をプロジェクトファイナンスで調達したとすると、出資者側の採算性を見る数字であるエクイティIRRは25%強。 LNG kW 新潟県 1号機(CC方式、57. (太陽光発電)• 4万kW PPS 福島県新地町 INPEX、三井物産、大阪ガス、三菱ガス化学、北海道電力 石炭、 5万kW PPS 、 11万kW PPS 日本製鉄、ENEOS、 木質 5万kW PPS 新潟県 、 石炭 13. 5月16日 環境影響評価方法書を届出• ・初期投資500億円の資金調達では、プロジェクトファイナンスを利用した際のスポンサー側(出資者側)の採算に興味があったため、あえてプロジェクトファイナンスを使うという設定にした。 (世界最高水準の熱効率)• その他、採算性に大きな影響を及ぼすのが発電効率です。 115万kW 自家発電・IPP 山口県 ENEOS 石炭 82. 11月30日 日石三菱(現:ENEOS)とニジオ(東京ガスの連結子会社)の共同出資で、 川崎天然ガス発電株式会社設立(代表取締役社長 河野文彦)• 沖縄電力 [ ] 18箇所、212万9,250kW 発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考 、 28. LNG 480. 発電所 [ ] 発電所名称:川崎天然ガス発電所 所在地:12-1(川崎事業所構内 ) 発電所の概要 [ ] 4月に1号機が運転を開始、2号機までが建設された。 関連項目 [ ]• LNG 200万kW 1987年9月 神奈川県 LNG 342万kW 2009年2月 神奈川県川崎市川崎区 CC方式。

もっと

日本の火力発電所一覧

2008年10月1日 2号機運転開始(423,700kW) 出典 [編集 ]. 東京ガスは、「チャレンジ2020ビジョン」で「競争力ある電源の拡充」を掲げており、本件はその実現に向けた取り組みの一環となります。 多摩区• 石炭 140万kW 1995年12月 重油 100万kW 1974年7月 2018年度から計画停止。 重油、原油 70万kW 1979年9月 山口県 1、2号機は廃止。 結論から言うと、 託送料金を勘案した正味の売電価格を1kW当たり12円で設定でき、燃料用天然ガスが1m3当たり65円(これも大口需要家の相場だと推定)で調達できるなら、かなり採算のいい発電事業として成立します。 詳しくは、川崎天然ガス発電のホームページをご参照ください。

もっと

川崎天然ガス発電とは

4月1日 1号機運転開始(423,700kW)• 2万kW 1986年 中国電力 石炭 kW 1985年 中国電力 石炭 30. 新1号機(60万kW)建設中。

もっと