向日葵 の 咲か ない 夏 ネタバレ。 「向日葵の咲かない夏」の小説で、質問です!ネタバレです!

「向日葵の咲かない夏/道尾秀介」について疑問が2点。ネタバレです...

そう、その曰くつきの本こそ、今回紹介する氏の『向日葵の咲かない夏』である。 「お前は、これからは小説のための小説を書け」……北方謙三のこの言葉は、まさに大衆小説作家としての金言かもしれません。 私は本当に、この作品のミカについてのみ、冴えていたw 読み返した時「ミカって呼ぶんじゃないよ!」の言葉にはそういう意味があったのかと酷く感心した。

もっと

マニアだけが手を叩いて喜ぶ変態ミステリー。『向日葵の咲かない夏』

S君の庭の向日葵は、セッケンに触れていた部分の花が咲かなかった。

もっと

マニアだけが手を叩いて喜ぶ変態ミステリー。『向日葵の咲かない夏』

しかし最後のバツ印はS君の家にあり、泰造が向かうとS君が自殺していた。 ……気になることと言えば、南雲えりの中の人はどう思ったんだろうか、その一点ですね。 主人公が抱えていた心は、本をめくるこの手を掴んで離そうとしなかった。 S君の死も、母親の言葉も。 【向日葵の咲かない夏】ミカの正体 ミカの正体は、人間ではないという点ではミチオと母親で共通だが、対象物は異なる。 火事でトカゲとミチオだけが生き残ったけど寿命か事故かはわかりませんが、一年くらいで死んでしまったのでしょう。 「食べちゃいなよ、ミカ」 左手をミカの口許に近づける。

もっと

【向日葵の咲かない夏】考察/感想!ラストで違和感の元凶,真相が明らかに!

主人公も格好いいし、魅力的なヒロインもいるし、法月のとっつぁんも最高だし、プレイしていて魂が震えました。 犬猫殺しも泰造、S君の事件も関与していて、最後は自殺をしたということになっていました。 変態教師岩本先生と鉢合わせしそうになった時は慌てて尻尾を巻いて逃げ出しました。 先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。 序盤から、少なくとも「三歳児のミカ」が実在していないと見破る読者が少なくないのは作者も予想していたはず。 お父さんもお母さんも死んだ。

もっと

『向日葵の咲かない夏』の感想を好き勝手に語る。爽やかな皮を被ったえげつない物語。【道尾秀介】

「向日葵の咲かない夏」の小説で、質問です!ネタバレです! 小節冒頭に、ミカは4歳の誕生日を迎えてすぐに死んでしまったと書いてあります。 これが ってやつですかね。 ひょっとしてミカは人形か何かではないか。 賢一が突いた京子のトラウマが表に出て自棄となり、京子が自分のために作ってくれた料理を灯花にぶちまけて、 罵詈雑言を投げつけますが、灯花はそのすべてを許して、強さと優しさで京子を抱擁します。 道尾秀介の変態エピソード 道尾秀介の変態っぷりが分かるエピソードがある。

もっと

向日葵の咲かない夏~感想・レビュー~

王様はフォークでそれをつきさし、うまそうにペロリと食べてしまいます。 主人公が抱える心の闇とそれを取り巻く「夏」という季節が重すぎて、そこからずっと抜け出せなくなるからだ。 物語は、終業式当日に、級友の遺体を発見した主人公の夏休みに繰り広げられます。

もっと

向日葵の咲かない夏~感想・レビュー~

ええ、泣けますとも。 おそらくミチオが狂っていて、そんな狂ったミチオからみたら世界はくるっているようにうつっているのだろう。 それを言うなら「ひとりのときは気をつけるんだぞ」とか「ミチオひとりだけのときは、気をつけるんだぞ」と言うのが自然だと思いますがいかがでしょうか? 他にもこの小説にはつじつまの合わない点がいくつかあると思いますけど。 読み終えてからサラっとネットでレビューを読んだけど、ひとつだけ私の胸を打った話があった。 作品としての魅せ方は「うまい」 んで、そうした素地を持った上で徒花がこの作品をどう感じたかといえば、 「うまい」の一言である。 その旅の中で、たしか『犬神家の一族』だったと記憶しているが、そのモデルになった村に行ったときに、思わぬ大発見をした。 特に癖のない原画です。

もっと