日産 スカイライン 400r。 400馬力でFR! かつての「スカイライン RS」を彷彿とさせる400R【日産スカイライン400R】

【試乗インプレ】400PSオーバーの日産「スカイライン 400R」、その存在意義を考察する /

日産「スカイライン 400R」中央のディスプレイ画面(上段) そのひとつがナビ画面のサイズだ。 セダンのラジエータグリル、ヘッドランプ周りをスモークシルバーに変更し、GTSタイプG系にアルミホイールを標準装備化。 1月 GTS系一部変更。 このDASは、2017年のマイナーチェンジで第2世代まで進化していたが、今回はターボモデルの追加に併せて専用にチューニングが図られた。

もっと

日産 新型スカイライン 400R 実燃費レポート|スカイライン史上最強の“400R”の実力を試す(1/6)

スタイリングは先々代を踏襲した先代から一変し、R31回帰ともとれる直線基調・ハイデッキのウェッジシェイプだが、R32で認知を得た若年ファン層の反響は渋かった。 さらにインパネにフラットに配置されていることから、光の加減によって反射して映像が見にくい場合多々あった。 シャープなLEDヘッドランプ、ライン状のリアライトにより、先進的印象とされます。

もっと

ツインターボで武装! 日産「スカイライン400R」は何が過激? 2020年最新事情とは

8月25日時点での受注は全グレード中24%(380台)で、30代以下の比率も3割近くあり「想定外の人気」という。 マイナーチェンジ。 直列4気筒OHV1862cc GB30型エンジンを搭載する。 車両価格の高さを気にしたのか、日本仕様だと何かの制約があったのか、「400R」という大胆な名前を選んだにしては、惜しいところです。 次に、排気量の差で補正を行います。 4ドアセダン・ハードトップのフロント周りの造形が2ドアスポーツクーペと共通するデザインへ変更され、量産車で世界初のプロジェクターヘッドランプ(ただしロービームのみ)が採用される。 ただ、これは広報車両ゆえ、かなり荒く乗られた結果なのかもしれないが……。

もっと

日産:スカイライン [ SKYLINE ] セダン

4月 生産終了。 現行モデルは2Lターボエンジンが416万円から設定されていましたが、新型スカイラインでは430万円ほどになるとみられています。 中でもR32型のGTS-4にはRB20DET型エンジンにGT-Rと同じアテーサE-TSを組み合わせているので高性能も味わえた。 それではここからは走行シーンごとの燃費や走りっぷりなどをお伝えしていこう。

もっと

400Rは往年の「スカG」的!? 俺たちのスカイラインは蘇ったのか

若き漫画家先生たちのお腹を満たしてくれていた街中華が、いまだにほとんど変わらぬ値段でやっているかと思うと、老店主に頭が下がってしまう今日このごろです。 チップアップシート• 3代目の生産台数は30万8502台 尚、海外にはL24(2393cc)を搭載して「ニッサン2400GT」として輸出された。

もっと

スカイライン史上最高の“405PS”を誇る「400R」に試乗!

現在の上級セダンであるならば、停止時にE-PKBシステムの採用を期待したいところです。

もっと