マツダ ランティス。 ランティス(マツダ)の中古車

ランティス(マツダ)のカタログ|中古車なら【カーセンサーnet】

ハッチバックモデルは、グリルレスのフロントマスク、極端に短いリアオーバーハングなど、個性的デザインとスポーツ性能を合わせ持つ。 2012年• 0秒を記録した。 グレード展開は、4ドアクーペは、上から「タイプR」、「タイプG」、4ドアハードトップは「タイプR」、「タイプX」、「タイプG」をラインアップ。 「ランティス」の名称は合併後も音楽部門のレーベル名として存続し、シンボルロゴも継続使用する。

もっと

ランティスの超先進的過ぎた外見と中身 今見ても色褪せない!! 偉大な生産終了車

- バンダイビジュアルとネット配信やプロモーション等で業務提携し付で同社50. 東京都 0件• や - わ行 [ ]• 宮城県 0件• 衝突安全ボディ• こちらも5ドアハッチバックの内装。 開発思想:高密度パッケージング。

もっと

ランティス(マツダ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

ランティスは、室内の居住性にも抜かりはありません。 サンルーフ• シリーズ• 付けで親会社のランティスに吸収合併された。 以降は旧に販売委託を行っており、同社との合併に伴い、制作から販売まで一貫して行える体制となった。 センターデフロック• エンジン(ロータリー)は4ローターのR26B型で最高出力700ps/9000rpm、最大トルク62mkg/6500rpmを発生。 スマートキー• 特に、リアのハッチバックからリアエンドにかけて覆うように装着するリアスポイラーは強烈な存在感を誇り、その形状から通称「大鳥居」などと呼ばれていました。 ミュージックサーバー• のマンションの一室からのスタートだった。 has-lime-border-color::before,. 2016年• 0L・エンジン搭載車におけるハードなスポーツ走行を前提とした独特のサスペンションのセッティング 、マツダの多チャンネル化の失敗によるブランドイメージの悪化もあって、日本国内での販売は伸び悩み、国内販売期間はからまでと短命であった。

もっと

ランティス

バックカメラ• エアサスペンション• has-indigo-background-color::before,. KF-ZEエンジンはそれまで搭載されていたクロノスシリーズのいかなる車種よりも相性が良く、当時の2リッターNA 自然吸気 エンジン搭載車としては、最高クラスの加速性能を誇りました。 1800ccのBP-ZE型エンジンは、ロングストローク・タイプのトルク型エンジンということもあり、街中で2500回転以下で走る分には全くの実用車という感じです。

もっと

ランティス(マツダ)

KFエンジンはと同じ形式だが、ランティスに搭載されたものには吸排気系の見直しなどが行われており、出力が10馬力増している。 - YouTubeチャンネル• ETC• 2015年4月1日 - の会員資格を準会員から正会員へ変更。

もっと