人口 動態 統計 2019。 人口動態調査 人口動態統計 確定数 出生 上巻 4

川崎市:川崎市の人口動態(令和元(2019)年)

では1974年(昭和49年)を「世界人口年」とする決議をし、ので開催された世界人口会議では主として発展途上国の開発との関連において人口対策を論議し、先進国、発展途上国共に人口増加の抑制目標を定めて人口対策を実施する旨の「世界人口行動計画」を満場一致で採択した。

もっと

統計局ホームページ/人口推計(令和2年(2020年)6月確定値,令和2年(2020年)11月概算値) (2020年11月20日公表)

2018年の推計では、沖縄県は自然増減、社会増減ともプラス、南関東4県、愛知県、福岡県は自然減少を社会増加で補ってプラスを維持しているが、大阪府や島根県など8県は社会増加よりも自然減少の方が大きい。 平成17年• 96)にまで減少した。 年々、減少幅が大きくなり、今回の2019年調査結果で51万人を突破しました。 しかし、この間の出生数でみると、1950年代には希望子供数が減少し、(昭和23年)に合法化されたの急速な普及をバネに出生数は減少し、1961年(昭和36年)には、出生数159万人(合計特殊出生率1. 少子化傾向は都市部に顕著で、(平成16年)7月の「平成15年人口動態統計(概数)」によれば、最も合計特殊出生率が低い東京都は全国で初めて 1. 24%などとなっています。

もっと

川崎市:川崎市の人口動態(令和元(2019)年)

統計表• 平成24年• 2012年11月1日閲覧。 7%で過去最高となっています。 37 2010 平成22 1,071,304 1,197,012 -125,708 1. 19 1961 昭和36 94,943 1,611,772 700,459 911,313 17. 統計データの高度利用• Population by Age Group and Indices of Age Structure Excel:29KB• 50音から探す• 50音から探す• データのある1960年から2019年までの出生数と死亡数の推移をグラフにしてみると次の通りです。 31%などとなっています。 平成17年• 出生数や死亡数のグラフも見てみよう その他、人口動態統計月報年計に掲載されているグラフを簡単に見ていきましょう。

もっと

人口動態調査

統計データの活用• 76 1981 昭和56 117,661 1,529,455 720,262 809,193 13. 4 1924 大正13 58,876 1,999,000 1,255,000 744,000 33. また()までの人口統計は、壬申戸籍に対する増減をもとに算出したものであるため正確性に疑問があり、(大正9年)ので初めて直接調査が行われた。 2002年(平成14年)の第12回出生動向基本調査によると、結婚持続期間が0-4年の夫婦の平均理想子供数と平均予定子供数は上の世代より減少しており、少子化の加速が懸念される。

もっと

人口動態調査 人口動態統計 確定数 出生 上巻 4

1 1930 昭和5 64,450 2,085,000 1,171,000 914,000 32. 平成27年• 7 1936 昭和11 69,590 2,086,355 1,220,023 866,332 30. その後、(平成18年)には6年ぶりに上昇し、(平成14年)と同率となり、2017年(平成29年)現在では1. (結果の概要 8~9ページ) 44都道府県で75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を上回る• 医療介護データ研究所では、データに関する話や、医療介護業界に関する話をnoteやで発信しています。

もっと

インフォグラフィック infographics・グラフ 人口動態統計 2019年

まさに医療介護が進歩しているためだと思います。 39となった。

もっと

インフォグラフィック infographics・グラフ 人口動態統計 2019年

2018年の都道府県別合計特殊出生率では、上位10県のうち6県を九州沖縄地方が占め、残りも島根、鳥取、香川と西日本に集中した。 平成20年• 昨年は平均で毎月4. 5 1943 昭和18 73,980 2,235,431 1,204,802 1,030,629 30. 18 1985 昭和60 120,837 1,431,577 752,283 679,294 11. 1 1942 昭和17 73,450 2,216,271 1,157,845 1,058,426 30. これだけ医療介護が発展しているのだから、死亡者数は増えても死亡率は減りそうなものです。 1900年代は一貫して出生数の方が死亡数を上回っており、人口が増加していました。 United Nations, Department of Economic and Social Affairs, Population Division 2015. 近年の日本の自然増減数の推移 年 出生数 死亡数 自然増減数 合計特殊出生率 2000 平成12 1,190,547 961,653 228,894 1. 統計データの高度利用• 区分 全国 東京都全体 区部 市部 郡部 島部 婚姻率 4. 99 2000 平成12 126,843 1,194,000 968,000 226,000 9. 平成16年• (降順のみ)• 9 1905 明治38 46,620 1,517,000 1,047,000 470,000 30. 平成19年• 3 1934 昭和9 67,680 2,028,289 1,225,402 802,887 29. 5 1927 昭和2 61,659 2,061,000 1,214,000 847,000 33. 一方、(現・)の将来人口推計は出生率が回復するという予測を出し続けた。

もっと