掌 の 小説。 川端康成『化粧/掌の小説』あらすじ|窓から見る、女性の本性。

NGO、「偽善者」の善――「ショート・ショート」(掌小説)

いくらかくたびれた感じの年配の担当官は「これはこれは倉林さん。 ですから説明は抜き。 そして作品を読むことによって川端康成が人生で感じてきた経験とその流れがわかる。 198• 東京事務所の指示だから仕方ないの」 「事務局長の指示?」 真帆が怖い目をして私をにらむ。 〈 たこ 〉 〈 さくら 〉 他にもキーになるのは、このふたつ。 解説 ここを読み解く! これから毎日毎晩なので、珍しくなく安心すると言う初恋の女性。 NGOの台所はどこも苦しい。

もっと

掌の小説とは

C この本の作品の中で、始めて川端作品に触れる人へ推薦したい作品を教えて下さい。 そして時に人間の行き様を崇高に、また滑稽に、というエッセンスを加え描いている印象を受けた。 差額は、やはり寄付したことになっているの?」 「そうよ。 朝毎に上野の不忍池では、蓮華の蕾が可憐な爆音を立てて花を開いた」 この一文に天啓を受けたように立ち尽くした高校生のわたし@小汚いフジの書店、を思い出す。 それは「伊豆の踊子」では、旅芸人の踊子の薫を一七歳の娘盛りと勘違いして、夜の酒宴の後、客相手に汚されることを心配するが、翌朝、共同湯で無邪気に裸体で手を振るのを見て十四、五歳で、まだ子供なんだと、ことこと笑うシーンがある。 若い娘と老人の幽霊がさまよっている「不死」や、最後のほうの「地」「雪」「白馬」といった少し幻想性のあるものが個人的には好きでした。

もっと

川端康成『日向/掌の小説』あらすじ|初恋の想いと、秋の日向。

朝の爪• 学生ではなく職員ということで行ってもらうから、いいわね」 トルコの惨状はすさまじかった。 骨拾い 男と女と荷車 日向 弱き器 火に行く彼女 鋸と出産 バッタと鈴虫 時計 指環 髪 金糸雀 港 写真 白い花 敵 月 落日 死顔の出来事 屋根の下の貞操 人間の足音 海 二十年 硝子 お信地蔵 滑り岩 有難う 万歳 胡頽子盗人 玉台 夏の靴 母 雀の媒酌 子の立場 心中 竜宮の乙姫 処女の祈り 冬近し 霊柩車 一人の幸福 神います 帽子事件 合掌 屋上の金魚 金銭の道 朝の爪 女 恐しい愛 歴史 馬美人 百合 処女作の祟り 駿河の令嬢 神の骨 夜店の微笑 夫人の探偵 門松を焚く 盲目と少女 母国語の祈祷 故郷 母の眼 三等待合室 叩く子 秋の雷 家庭 時雨の駅 貧者の恋人 笑わぬ男 士族 質屋にて 黒牡丹 日本人アンナ 雪隠成仏 離婚の子 顕微鏡怪談 踊子旅風俗 望遠鏡と電話 鶏と踊子 化粧の天使達 白粉とガソリン 縛られた夫 舞踊靴 楽屋の乳房 眠り癖 雨傘 喧嘩 顔 化粧 妹の着物 死面 舞踊会の夜 眉から 藤の花と苺 秋風の女房 愛犬安産 ざくろ 十七歳 わかめ 小切 さと 水 五拾銭銀貨 さざん花 紅梅 足袋 かけす 夏と冬 笹舟 卵 滝 蛇 秋の雨 手紙 隣人 木の上 乗馬服 かささぎ 不死 月下美人 地 白馬 雪 めずらしい人. まさに「掌(てのひら)」の小説である。 インターン先のNGOは南米ペルーのリマ郊外にあるスラムで井戸を掘り、公民館を建設するプロジェクトを実施していたのだが、まだ完成していないはずの公民館の写真がなぜか報告書に添付してある。 この癖を出している時に、自己嫌悪を感じる。 かけす• 娘と祖父の記憶とを連れて、砂浜の 日向 ひなたへ出てみたくなった。 母国語の祈祷• 弱き器• この点に関しては、作家が過去の自作に対し、世の賞讃に背いて自己嫌悪や過去の幼さを恥じることもあるだろうが、この『掌の小説』の中には川端のあらゆる要素が含まれるとし 、「複雑な反射の作り出す目もあやな光の」に喩えられるような、「作者としてのよろこびも、悲しみも、悩みも、嫌悪も反射する」多彩さがあるとしている。 横から若手スタッフの真帆が片眼をつぶって、そっとメモをよこした。

もっと

掌の小説

, pp. 個別に声をひそめて尋ねた時には耳を疑った。 それでこの『掌の小説』、122編収められていて705円。 屋上の金魚• 装幀:。 川端自身が、〈愛のかなしさを突いたつもり〉と自解するこの作品は 、同時代評ではが注目し 、も、「一群の掌の小説の頂点」と述べるなど高評価された。 日向 [ ] 川端自身と思しき人物が、祖父との思い出に初恋の少女の挿話に交えて、自身の「無言のまま人を凝視する癖」について語っている。

もっと