名鉄 1704f 廃車。 名鉄1700系1701Fが、いよいよ、舞木検査場にやってきました(2020年11月1日)。

名鉄1700系について廃車だの機器交換だの不穏な噂が絶えません...

, PDF , 名古屋鉄道, 2018年1月5日 , 2018年2月8日閲覧。 1800系と3100系・3150系はどちらも一般車の運用としての活用も多いですが、登場経緯が異なり、名鉄のホームページでも特急タイプと通勤タイプで両者は異なる扱いです。

もっと

縲1700邉サ鄂ョ縺肴鋤縺医大錐驩2231F+2232F縺檎抜遞ョ霈ク騾 闡ャ蠑城延縺梧垓襍ー縺励◆1702F縺ョ謔イ蜉��縺ウ縺?

元々歯車比が異なる車同士で固定編成を組んでいて、一般車2300と比べるとローギアードな1700には恐らく負担が掛かっていること。 外山勝彦「名古屋鉄道 現有車両プロフィール 2009」『鉄道ピクトリアル』第816巻、電気車研究会、2009年3月、 271頁。 1700系も同様。

もっと

[mixi]近年、新車導入?

側窓の天地寸法は850 mm、窓框高さは715 mm、床面高さは1,140 mmである。 この装置をに搭載し、1台で主電動機2台を制御する。 廃車回送のときは、前面の逆富士型行き先表示機が外された状態で回送される。

もっと

「名鉄1700系」に関するQ&A

まず、全車両が満遍なく同じ距離走って来たかというと、必ずしもそうならない現実があります。 パノラマDX同様に3両編成の全車特別車構成を継承して、 兄貴分の1000系・1200系同様の「パノラマSuper」の愛称が付与されていますが、7000系から続く前面展望席を廃した点が大きな特徴でした。 このほかでも一部特別車特急が設定されているが、1000 - 1200系によって運用されており、本系列は西尾線での定期運用はないが1200系の代走として入線したことはある。 1703編成がプロトタイプ。 もう、特急では走らない。

もっと

名鉄1700系について廃車だの機器交換だの不穏な噂が絶えません...

名鉄車両では非常に珍しい「前パン」 先頭車の運転台側にパンタグラフがある車両 ・1600系時代からのつり目形状のライトなど、外観の良さを上げるファンも多い人気車両です。 丸栄百貨店イベント限定品として初出してから1年。

もっと

縲占速蠑城延縺悟、ァ證エ襍ー縲大錐驩1700邉サ1702F縺ョ蠑暮縺瑚ソォ繧顔音諤・縺ョ繝�ャ繧ュ繧帝延驕薙ヵ繧。繝ウ縺悟頃諡縺怜慍迯�↓

そのため 2330系と呼ばれることがある が、正式な形式名は車両番号通りの2330系ではなく2300系となっており 、2200系一般車と区別する際の呼称は2300系30番台 か2200系2330番台 となる。 」の一環として応援メッセージを設置した「合格をつかむ!つり革」とされていた。 1000系とは真逆。 放送の内容は種別・行き先や停車駅の案内の他、ドアの開閉前には注意喚起の自動放送が流れる。 また、3150系2次車と同じく手すりの色もライトブルーパープルに変わっているほか、天井の蛍光灯間(冷風吹出口・ラインデリア周り)のパネルがFRP製からに変更されたため、1次車とは天井中央部の見付けに差異が生じている。

もっと

縲占速蠑城延縺悟、ァ證エ襍ー縲大錐驩1700邉サ1702F縺ョ蠑暮縺瑚ソォ繧顔音諤・縺ョ繝�ャ繧ュ繧帝延驕薙ヵ繧。繝ウ縺悟頃諡縺怜慍迯�↓

当時は同種の国鉄気動車より高級で人気があったため臨時運転の時に国鉄が借りたようだ。 これに伴って、前年4月改正時に消滅していた3100系または3150系との併結運用が再開されたほか、名古屋本線と河和線において、早朝や深夜の快速急行以下の列車への使用が開始された。 また前灯もシールドビームのままである。

もっと

名鉄1700系について廃車だの機器交換だの不穏な噂が絶えません...

その車両は普通車に改造されたが、窓の幅が異なるので容易に見分けはついた。 いずれも東芝製で形式は特別車がRPU6018型、一般車がRPU11020型。 組み換えによって編成から外された1700系は順次廃車となっており、2020年(令和2年)2月には1703Fと1704F(1703-1653、1704-1654)が運用を離脱、東名古屋港に回送された。 豊橋・中部国際空港方の車端部の10席はすべてとなり、この部分のとは黄色にすることで他の座席との区別を図った。 キハ8000系 [ ]• ということは来年度以降も順次リニューアルを続けて最終的に全部変えるつもりかも。

もっと