独占 禁止 法 優越 的 地位 の 濫用。 御器谷法律事務所ホームページ・独禁法-優越的地位の濫用

独占禁止法を勉強しよう|不公正な取引方法ー地位の不当利用

2010年1月施行の改正独占禁止法で課徴金の対象となり、公正取引委員会は優越的地位の濫用を行った者に対し、課徴金納付を命じることができるようになった。 なお、他の不公正な取引方法4類型と異なり、繰り返しは要件とされていません。 前記の具体的な行為によって、自由競争の基盤が侵害されたか否かは、発注者が受注者に対し、不当な不利益や抑圧を加えているかどうかという点が考慮されます。 例えば、ウェブサイトの閲覧情報,携帯端末の位置情報等は,一般には,それ単体では個人識別性を有しないため,個人情報保護法上の個人情報とは考えられていません。 したがって、理論上、独占禁止法の適用を先行させることはできるものの、事実上は、下請法の適用がある場合には、下請法が優先して適用されることになると考えられます。 ロにおいて同じ。 2016年ニューヨーク州弁護士登録。

もっと

アマゾンが求めた「協力金」は優越的地位の濫用にあたるのか

より具体的には、商品の販売を利用目的としている場合に、「利用者全員にお願いしているアンケートです」などと称して,回答を拒むことのできないフォームで性別や職業などを入力させる場合などです。 毎年、書面調査が行われています 日頃からの取引記録に関する管理が重要! 公正取引委員会や中小企業庁は、下請法の違反行為を厳しく取り締まっています。

もっと

官公庁が行う優越的地位の濫用

「取引依存度」基準の再検討 (1)「取引依存度」基準と取引開始時の優越的地位濫用 (および 、以下「委託取引優越的地位濫用ガイドライン」という)は、優越的地位の「判断に当たっては、乙の甲に対する取引依存度、甲の市場における地位、乙にとっての取引先変更の可能性、その他甲と取引することの必要性を示す具体的事実を総合的に考慮する」としているところ、公正取引委員会排除措置命令・課徴金納付命令に対する審判事件においては、「 取引依存度」の解釈が重要争点の一つとされることがある。 ただ、お書きになっている「某官公庁」が経済活動を行っていると評価できなくてはいけません。 偽装請負につきましては、詳しくは、次のページをご覧ください。 2 従業員等の派遣の要請 ア 取引上の地位が相手方に優越している事業者が,取引の相手方に対し,従業員等 (注11)の派遣を要請する場合であって,どのような場合に,どのような条件で従 業員等を派遣するかについて,当該取引の相手方との間で明確になっておらず,当該 取引の相手方に あらかじめ計算できない不利益を与えることとなる場合や,従業員 等の派遣を通じて当該取引の相手方が得る 直接の利益(注12)等を勘案して合理的 であると認められる範囲を超えた負担となり,当該取引の相手方に不利益を与える こととなる場合(注13)には, 正常な商慣習に照らして不当に不利益を与えること となり,優越的地位の濫用として問題となる。 まとめ 独禁法は、下請法の規制と重なり合いつつ、厳格な要件の下で、下請法の規制よりも、排除措置命令や課徴金納付命令などの高度の規制をかけています。 1 取引と無関係の商品・サービスの購入・利用を強制するケース 納められた商品に 欠陥がある場合や、決められた 納期に間に合わず、注文した商品が不要になった場合など、 納品する側に責任があり、 納品日から相当の期間内に、相手側の責任の内容・程度などを考慮して 相当な金額の範囲内で減額する場合には、優越的地位の濫用に当たりません。

もっと

優越的地位の濫用

」 日本興業銀行事件-公取委昭和28年11月6日勧告審決 「興銀は、日本冶金に対する協調融資銀行団の実質上の幹事銀行として、協調融資に際し役員の選任については、あらかじめ自己の指示に従うべきことおよびその範囲は社長以下常務取締役全員におよぶべきことを条件とするものであって、かかる行為は金融機関の債権保全の見地からする正当な行為とは認められぬものであり、・・・不公正取引方法の9に該当し、同法19条の規定に違反するものであり、更に日本冶金と現に競争関係にある鴨川化工の役員を日本冶金役員として兼任せしめるとともに興銀側から2名の代表取締役を選任せしめることは、融資に際して日本冶金に対する自己の優越せる取引上の地位を利用して金融機関の通常の債権保全の目的ならびに限度に照し不当に不利益な条件を付するものでありしたがって同告示第11号により指定した不公正取引方法の10に該当し同法第19条の規定に違反するのである。 不当な取引制限の禁止 事業者間で協議することにより、本来は各事業者が自由に決めるべき取引内容について、不当に制限をすること(後段)。 ロ 継続して取引する相手方に対して、自己のために 金銭、役務その他の経済上の利益を 提供させること。

もっと