コロナ 第 二 波 日本。 日本感染症学会「今 日本は第2波のまっただ中」新型コロナ

シルバーウィークで激増した日本の「移動傾向」。コロナ第3波「秋の波」への門が開く可能性も

一日当たり5万人目の前の状態です。

もっと

日本に到来した新型コロナ「第3波」。無責任な政府対応とピンボケ報道が招くシナリオ

10万人あたりの感染者数が欧州最悪を記録し続けたスペイン・マドリードでは、これらの〝極秘〟パーティが10月の約3週間だけで400件ほど見つかり、前月には2953施設が罰金の対象になったと地元メディアが報じた。 抗体検査の精度を問題視する意見もある。 パンデミック第二波が来る今年12月以降に起こるようだ。 新型コロナの感染が確認される前に死亡する人も多いので、全体の死亡ペースが通常よりも多いか否かを見ましょうというものだ。 本邦は、 世界で唯一と言ってよい国策によるPCR検査抑制国ですので、市中に紛れた感染者を探し出し、隔離、追跡するという当たり前のことをしませんから、社会的行動制限を緩和すれば直ちに感染は拡大し始めます。

もっと

新型コロナ 海外でも第2波は第1波より致死率が低いのはなぜか?(忽那賢志)

つまり、「新型コロナウイルスの第二波が来たから大変だ!緊急事態宣言を再度発令するべきなのではないか」とマスコミでこれだけ騒ぎ立てられているにも関わらず、病院のベッドはガラガラだということです。 これはカリフォルニア州の6~8分の1より遙かに低い。 7月に入り、コロナウイルスの感染者数が増えてきました。 そもそも海外のような強制措置を行うことは法律上のハードルの問題で行うことができないためです。 安倍首相が緊急事態宣言を出す必要はないと7月23日に言及し、 菅官房長官が病院はひっ迫していないといった矢先に専門家がパンク寸前と言ったり、 政府のちぐはぐが悲しいくらい表に出てきています。 フランスやアメリカでは、10倍の致死性を持っていたという。 11月4日現在、欧州連合(EU)とイギリスの感染者は累計800万8149人、死者は22万8182人を超えた。

もっと

【日本コロナ第二波を恐れるべきでない訳】病床・死亡率・インフル比

次回論じますが、この下げ止まった時点での感染率を筆者はベースライン 基準線 と考えており、重視しています。 第1波では重症例に優先的検査を行っていたことから、軽症例は検査が行われずに見逃されている事例も多かったものと考えられますが、第2波では、重症例、軽症例に加えて濃厚接触者や帰国者にも検査が行われています。 新型コロナの発生による真の死亡数を把握する手法として超過死亡という指標が広く提唱されている。 この数字には、ウイルス検査を受けずに亡くなった人や、別の原因で死亡した可能性があるが医療提供体制への負荷が高まり治療を受けることがでなかった人も含まれている。 日本・中国などアジア諸国で低く、欧州は高い。 職員の会食などについても自粛を要請せざるを得ないかもしれません。 パンデミック警告を事前に発していたヒト達 元キャリア外交官の原田武夫 まずこの人。

もっと

欧州を襲う新型コロナ第二波の現状と日本

急性期だけでなく、回復期、慢性期の医療機関でも起こり得ますし、介護施設・障害福祉施設でも同様です。 スペインで二度目の非常事態宣言が発出された10月25日夜、若者は「自由が欲しい!」と街中で叫んで抗議した。 もっとも、ウイルスの再拡大について分科会は「7月末ごろにピークを迎えた」と分析しており、既に下り坂とすれば「第2波」の言葉が引き起こすマイナスはそれほど強くはない。 なお、データの出典は米国のジョンズ・ホプキンス大学です。 厚生労働省オープンデータを元に作成 上記グラフの通り日本でも緊急事態宣言解除後に新規感染者数が増加していますが、現在では横ばいの状態が続いています。 表で興味深いのは、抗体保有率について国ごとに大きな差があることだ。

もっと

第2波来たのに緊急事態宣言に及び腰な3つの訳

世界保健機構の公表している世界各国の感染者の推移を見ると、第二波が到来していない国を探す方が難しく、2020年9月26日時点で第二派が到来していないとはっきり言えるのは中国、チリ、タイなどでそれらを除いた各国ではじわじわと新規感染者数が増え続けています。 岩手県ではクラスターとなった飲食店での会食をきっかけに、複数の医師のCOVID-19陽性が判明したケースもあったからです。 トカナと書くと一気に信憑性が落ちてしまうような気もするが、この少年はホンモノだ。 だが、恐ろしいのはコッチの動画だ。

もっと