スタップ 細胞 その後。 STAP細胞問題とは何だったのか?

悪いのは若山照彦・山梨大教授…妙なことになってきた「STAP騒動」責任転嫁ごっこ: J

しかも、バカンティ氏はすでにハーバードを去っていますし、論文も撤回されています。 スタップ細胞、ES細胞やiPS細胞も幹細胞のコントロールの効かない細胞です。 これもアメリカの圧力によって潰されている可能性があります」 「今回の発表は、まだ資料が少なくFakeである可能性は否めません。 イメージ画像:「Thinkstock」より 一時はノーベル賞級の発見とまで言われ、世界を騒がせたSTAP細胞。 それでも、ぽんすけの安全が確保できたことに安心する気持ちが、日ごとに濃度を増す心の不安をほんの少し中和してくれたような気がする〉。 小保方さんが手記を出したことで、世界が再び彼女に注目しています」. 実際には、もっと多くの幹細胞研究者たちが再現実験に取り組んだと見られる。 【】 STAP細胞の「真の由来」 約15年前、ボストンにあったバカンティ氏の研究室で、のちに「STAP」と呼ばれることになる、ある細胞の仮説が生まれました。

もっと

STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明

学術雑誌で一度は公表された論文が「撤回」される場合、その多くは意図的ではないミスによるものだと信じられている。 【著書】 編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか. STAP細胞論文を握りつぶしたのは、巨大な金融の力を持ち、世界中の医学業界に対しても利権を握るロスチャイルド家が、自らの既得権益を守るためにSTAP細胞の台頭を許さなかったと考えられます。 次章「ためらうオバマ、揺らぐ日米同盟」の書き出しは衝撃的である。 果たして、「STAP細胞騒動」の裏には、どんな真相が隠されているのでしょうか? ここでは「STAP細胞否定陰謀論4つの噂」をご紹介しましょう。 出典:同委員会の報告書および『朝日新聞』2014年4月2日付などを参考に筆者作成 これを受けて理研は、4月4日、野依良治理事長を本部長とする「研究不正再発防止改革推進本部」を設立し、その下で、外部の有識者からなる「研究不正再発防止のための改革委員会」が設置され、提言をまとめるための調査と検討が行われた。

もっと

小保方さんの恩師もついに口を開いた!米高級誌が報じたSTAP騒動(週刊現代)

寒すぎてつらい。

もっと

小保方晴子の現在(2019)のグラビア写真は別人みたい!?家族離散や旦那との関係も調査

再現できなければ、論文に何らかの欠陥があることになり、その欠陥が研究不正に起因するものである可能性が生じる。 そのように安易に拡散する人たちの中には、研究者など専門家や科学の知識があって事件の経緯を知っている人たちはほとんど含まれていません。 これについて5月9日、弁理士でITコンサルタントの栗原潔氏は、同大学が日本国内でも特許出願に関して実体審査請求をしていることを明らかにした。 在米の出版社社員が現地の様子について語る。

もっと

正体はES細胞、STAPは「捏造」だった

これは理研がSTAP細胞論文を発表した当初の「」にも明示してある。 もちろん患者さん本人でも良いわけです。 笹井氏が彼女の発想力を高く買っているが、そうならば、研究者としてではなく、企画プレゼンターのようにして使えばよかったのである。 これは未分化の状態で移植したからだと言われています。 このことはここでもあらためて繰り返し強調させていただく。 また、論文の筆頭執筆者である 小保方晴子氏が若干30歳の女性であったことからマスコミに持ち上げられ、割烹着を着て研究する姿などが報道されて一時的なブームにもなりました。

もっと