フル グレイン ブライドル レザー。 ブライドルレザーの基礎知識

【選べるノベルティ付】ワイルドスワンズ フルグレインブライドル クリッパー2 キーケース(カラー:ダークステイン) FULL GRAIN BRIDLE WILD SWANS

) ブライドルレザーの一番の特徴は、やはり堅牢さにあります。 光を取り込んで、外観を映すほどの光沢が現れてきます。 京都店、 WILDSWANS Online Shopの 3店舗にて発売致します。 結論!革好きなら買って損なし!!! 8ヶ月エイジング比較!! というわけで8ヶ月エイジングの様子がこちら!! 金具の部分はだいぶアタリが出てきました。 フルグレインの表情の、凹凸が荒いのが伝わるでしょうか?そのため、ちょっと引っかいてしまっても、そもそもキズが付かない(目立たない)ような気がします。 牛革の中でも身の詰まった丈夫な部位「ベンズ(背中)」「ショルダー(肩)」をタンニンで鞣し、そのあと長期間かけて油脂(ブライドルグリース)を染み込ませて作られます。

もっと

フルグレインブライドルレザーとウォルナットのケース : Jemさんのレザークラフト

他の革にはない、美しさと迫力を醸し出してくれます。 って思っちゃうようになりました。 WAILDSWANSはコバの仕上げだけでなく、縫製技術にも定評があります。

もっと

白い粉模様「ブルーム」がエレガントさを演出する、ブライドルレザーの革小物。|MENS LEATHER MAGAZINE メンズレザーマガジン

皮革のムラ感や傷等の上に光沢が乗り、アンティーク感漂う迫力のある佇まいです。 ブライドルレザーを使っていて幸せだと思うのは、表情の変化が見てとれたときですね。 衣類と強い摩擦が生じますと色移りの可能性がございます。

もっと

WILDSWANSの新定番フルグレインブライドルレザーとは何か?使い比べて分かった、フルグレインとサドルプルアップの違いについて

ブライドルレザー、ブッテーロ、マレンマ、ミネルバリスシオ、サドルプルアップ、…。 水分に比較的強い• あと、よく聞かれるのですが「 一度ブルームを落としてしまうと復活はできない」ので、慎重に決断してください。

もっと

WILDSWANS20周年記念・フルグレインブライドル特別色についてのお話

フルグレインブライドルレザーは、 イギリスのタンナーであるベー社が、銀面と呼ばれる皮の表面を削らず、伝統的な手法であるオークバーク(オークの樹皮)から抽出したタンニンを使用して鞣した皮革です。 それにより、耐久性は素晴らしく、適切なお手入れと気遣いで、何十年もの使用にも耐えられる皮革となっています。 一般的なドラムなめしのヌメ革が1週間ぐらいで出来ることを考えると、ブライドルレザーは手間暇かけすぎでしょ。 ブライドルレザーは「馬具に使われていた丈夫な革」ということもあり、知識のないショップ店員さんに、馬革のコードバンと間違えられたりすることもチョコチョコあったりします。 トーマスウェア社、クレイトン社、ベイカー社など、さまざまなタンナーがブライドルレザーを作っています。

もっと