過渡 期 と は。 【人生の四季】レビンソンの発達段階説【人生半ば(中年)の過渡期】

「過渡期」とは?意味や使い方を解説

「過渡期」の例文2 「今の日本は超高齢化社会への『過渡期』かもしれない」 この例文のようなニュース解説が行われ、 「過渡期」という言葉が登場する事があります。 「過渡期」の使い方 「過渡期である」「過渡期にある」と使う 「過渡期」という言葉は、「過渡期である」や「過渡期にある」といった表現で使われるのが一般的です。 ラプラス変換によるRC直列回路の過渡現象の解き方について解説しています。 この時期はどんどんと成長していく子供の過渡期と言ってもいいでしょう。

もっと

「過渡期」の意味や使い方と類語|「黎明期」「勃興期」との違い

「全盛期」を過ぎると「安定期」に入ります。 レビンソンは、中年期の発達課題として「真の自分と折り合いをつけること」を挙げています。 「最盛期」を迎えることが出来れば、その物事に関しては一旦成功を収めたと言うことができるでしょう。 「すぎる」「わたる」「時期」と、漢字三文字で明確に言葉の意味を表しているため、文字にすることで相手に意味がよく伝わります。

もっと

「過渡期」とは?意味や使い方を解説!

「最盛期」とは、「物事の勢いが最も盛んな時期」という意味があり、「全盛期」の類語でもあります。 この時期は政権が豊臣家から徳川家に移ろうとする過渡期に当たっていた。 そのため「新しくなる」といったポジティブの意味では使われません。 その後に新しい職場に勤める場合、その新しく仕事を探している期間のことを「過渡期」と呼びます。 「萌芽期」は「ほうがき」と読みます。 それまでの自分を見直して修正するとともに、成人の世界の可能性を模索し、成人としてとりあえずのアイデンティティを確立して、成人として生活するための暫定的選択と試行錯誤がなされることになります。

もっと

「過渡期(かとき)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

江戸時代から近代への過渡期 1867年に大政奉還(たいせいほうかん、徳川幕府が政権を返上)が行われ江戸時代が終わり、翌1968年に明治天皇が即位。

もっと