コロナ 回転 寿司。 ヤバすぎる「某100円回転寿司」の裏側

回転寿司大手4社 4月5割減収/コロナで時短、休業響く / みなと新聞 電子版

はま寿司はこの日から、レーンに乗せるすしをタッチパネルで注文を受けた商品だけにした。 ドン・キホーテのノウハウを取り入れた共同実験店が6月にオープンした。 くら寿司は、極めて財務安全性が高く、売上低迷でも長期間耐えうる「持久力」がある、と言えます。 内容は、体調不良者への来館自粛の呼びかけ、子ども向けスクールの休止、マシン設置のタオル撤去、隣人との間隔が最低2メートルになるようマシンやレッスンを運用、プールでの集団型レッスンの中止など。

もっと

コロナウイルスで生もの(寿司)は危ない?大手回転寿司の売り上げが激減のワケ

「大口の宴会需要に頼ってきた居酒屋業態や、会合や接待の比率が高かった高級店のほうがよほど大きなダメージを受けています」 団体での利用が多い居酒屋や「密」を引き起こしやすい飲食店のほうが影響が大きいようです。 コチラも600円近く下がっています。 大手回転寿司チェーンの新型コロナ対策とは(出所:かっぱ寿司公式Webサイト) かっぱ寿司では原則として、回転レーン上にある商品をお客が自由に取る方式を中止。 コナミスポーツは、感染者増加が深刻な北海道内の全施設を、3~19日まで休館する。 このキャンペーンの利用につながっている要因は、以下のように考えているとのこと。 そんななか、スシローは特にそれらの対応を行わずに営業を継続しています(3月9日、兵庫県丹波市の氷上店にアルバイト勤務していた30代男性が、新型コロナに感染したことが発覚し、同店は9日から臨時休業に入り、保健所の指導の下、消毒作業を行っている)。

もっと

はま寿司が「タッチパネルの注文だけ」に変更 新型コロナ対策だが回転レーンは動き続ける

そして、お客様に「安心・安全、快適な食空間を提供する」集大成として11月に完成したのが、完全コンタクトレス型店舗である「スマートくらレストラン」です。 当社はあえてこのタイミングで、これまでと異なるエリアに新店をオープンすることで、コロナ収束後の外食需要拡大への準備と、それに伴う新しい客層へのアプローチを狙います。

もっと

はま寿司が「タッチパネルの注文だけ」に変更 新型コロナ対策だが回転レーンは動き続ける

今週もまた臨時休業か…。 そしてこの度、SDGsの取り組みでありながら戦略的に新しいターゲット獲得を目指した「大人寿司」を発表しました。 だいたは定期的に読者から寄せられたコメントをブログで紹介している。 くら寿司では、2011年からすでに抗菌寿司カバーをはじめ、座席間のシートや背もたれを高くすることで飛沫を防ぐなど、感染症の防止対策を導入。 このコロナ禍をなんとか乗り切り、飲食業回復のモデルになっていただきたい、と思います。 そんな逆風の中、売り上げを伸ばしているのが回転寿司「スシロー」を展開する株式会社スシローグローバルホールディングス(以下、スシローグローバルHD)です。 3月1カ月間の特別休会の受付も始めた。

もっと

だいたひかる コロナ禍の利点を指摘「蕎麦屋や回転寿司が入りやすくなった」

このように、スシローは、• また「お持ち帰りセット」の強化、消毒用「微酸性電解水」の無償提供(いずれも2020年4月~)、車にいながら商品の受け取りができる「くるまdeお持ち帰り」の開始(2020年5月~)、AIを使った新しい仕入れの実践(2020年7月~)など、業界に先駆けた新しい取り組みに挑戦してきました。

もっと