軽 騎兵 序曲。 【4/18:今日のクラシック音楽】スッペ作曲:オペレッタ「軽騎兵」序曲~1819年生|名古屋クラシック音楽堂~Youtube名曲人気動画まとめ

【4/18:今日のクラシック音楽】スッペ作曲:オペレッタ「軽騎兵」序曲~1819年生|名古屋クラシック音楽堂~Youtube名曲人気動画まとめ

に出てと、晩年のやのの師として高名なのに入門した後、無報酬で ()を指揮した(だが後に、同劇場で自作を上演できるようになる)。 そのせいかカラヤン、ショルティ、スイトナーといった重厚長大系のレパートリーを得意とする大指揮者が好んでスッペ序曲集をアルバム化している。 ()(Franz Schubert)• ウィーン在住中に氏名をドイツ語風に簡略化し、さらに「Cavaliere」に代えて を用いるようになった。 1864年にオッフェンバックがギリシア神話時代のオペレッタ 「美しいエレーヌ」を発表すると 翌1865年にはスッペがやはりギリシア神話時代のオペレッタ 「美しきガラテア」を発表 (筋は全く違うものですが) 逆に、スッペにオッフェンバックが触発されたこともあったらしいです。

もっと

【4/18:今日のクラシック音楽】スッペ作曲:オペレッタ「軽騎兵」序曲~1819年生|名古屋クラシック音楽堂~Youtube名曲人気動画まとめ

作曲家の神津善行さんが文化庁の依頼で「ボッカチオ」の上演を試みようとしたところ、どんなに探しても台本が見つからなかったそうで、よくよく調べると、作曲当時は時事ネタ、社会風刺を織り込んだ即興に近い使い捨て作品扱いだったようです。 ちなみに、生涯イタリア・オペラ(とカルメン)に徹し、ドイツ物はほとんど歌わなかった大歌手のデビュー演目は、『ボッカチオ』であった。

もっと

TV

63年からはカール劇場を本拠に活躍、65年にはオッフェンバックの『美しいエレーヌ』に対抗して『美しいガラテア』をつくり、本格的なウィンナ・オペレッタの創始者となった。 生涯 [ ] にあるスッペの墓 18世紀に地方に移住した系貴族の家庭に生まれる。

もっと

【4/18:今日のクラシック音楽】スッペ作曲:オペレッタ「軽騎兵」序曲~1819年生|名古屋クラシック音楽堂~Youtube名曲人気動画まとめ

もともとは全2幕のオペレッタ作品「軽騎兵 Leichte Kavallerie(Light Cavalry)」において演奏される曲目で、肝心のオペレッタ自体は現代ではほとんど演じられていない。 筆者は、最初、 スウィトナー=NHK交響楽団の演奏を好んで聴いていたのですが、ある日、名盤の誉れ高い カラヤン=ベルリンフィルの大上段に構えたダイナミックな演奏を聴いて驚きました。 そんな感じで「今でも一番はスウィトナー!」と思っています。 父はベルギー人、母はウィーン生まれのイタリア人。 喜歌劇、オペレッタと言っても、クラシックの延長というよりは、レビューに近い感覚の大衆娯楽で、日本の浅草オペラがオペラという語感から連想されるモノとは程遠い商業演劇だったように、本国での扱いも似たような感じだったと想像される。

もっと

スッペ「軽騎兵」序曲 解説と視聴

オペレッタとは? オペレッタは、19世紀のパリから起こったオーケストラ付きの歌劇。

もっと

フランツ・フォン・スッペ

1858年、オッフェンバックのオペレッタ『提灯結婚』や『天国と地獄』に刺激されてオペレッタを志し、1860年には『寄宿学校』を作曲。 軽騎兵序曲は最近はニュー・イヤー・コンサートで演奏されることが目立ちます。 ですので、私はこの歌劇自体が真面目で格好いいものと思っており、 よもや「オペレッタ(喜歌劇)」に分類されるものだとは夢にも思っていませんでした。 0 Mozilla Firefox を推奨 サイトの リンクはご自由に。

もっと