ドゥカティ v4。 ドゥカティ、新型ムルティストラーダV4の「V4グランツーリスモ・エンジン」を発表

ドゥカティ(DUCATI) スーパーレッジェーラV4

これは GP16(形状が規制される以前)に使用されていたウイング・コンセプトに基づくものであり、「パニガーレ V4 R」に採用されたウイングは、MotoGP で使用されたものと比較してもさらに効率が良くなっているのだとか。 スーパースポーツモデルの市販車「パニガーレ V4 S」をベースとしており、戦闘力を高めるべく、ドゥカティ・コルセが提案した数々の変更が適用されています。 電子制御システムの設定により、経験の少ないライダーでも、スポーティな走りを楽しむことができます。 この調子で続けて行くと1万文字を余裕で越えてしまい、誰も最後まで読んでくれなそうなので、駆け足で行きまっす。 軽量(66. 専用の長さを備えた可変高エア・インテーク・ファンネルに接続された楕円形スロットル・ボディと、空力学的に最適化されたスロットル開口部(56mm 径相当、4mm の増加)を通してシリンダーにエアが供給されます。

もっと

【2021速報】ドゥカティ「パニガーレV4 SP」誕生! サーキットでのパフォーマンスを追求した極上の装備が満載

ドゥカティコルセによる空力パッケージ ドゥカティコルセとドゥカティ・スタイル・センターが共同開発したパニガーレV4 MY2020のエアロダイナミクス・パッケージは、パニガーレV4 Rの空力デザインを反映しています。 このタイヤは、ショルダー・ゾーンに、レーシング・スリックで使用されているものと同じSC2コンパウンドを使用して、レース・グレードのグリップを提供しますが、公道走行に必要な強度と多用途性も確保しています。 ドゥカティのデザイナーは、フォルムと機能を完璧に融合させるために、ホイールベース間のボディワークのプロポーションとコンパクトさのバランスを取ることに焦点を当てました。

もっと

ドゥカティ(DUCATI) パニガーレV4

3番目のバージョンは、ムルティストラーダV4 Sスポーツで、大胆な専用カラーリング、アクラポヴィッチ製エグゾースト、カーボンファイバー製フロント・フェンダーを備えたパフォーマンス・パッケージを標準で提供します。 ライダーはこれを使用して、DTC EVOおよびDWC EVOの設定を調整することもできます。 これまで以上にになった。

もっと

ドゥカティがパニガーレV4を進化させた「スーパーレッジェーラV4」を発表! DUCATI史上最強の公道走行可能なマシンが誕生

エアロダイナミクスの研究は、ライダーに最大限の快適性を提供することを目的としていました。 同様に、エンジンは、穏やかでありながら豊かなドゥカティ独自のサウンドを奏でます。 250 動力伝達方式 チェーン スプロケット歯数・前 15 スプロケット歯数・後 42 フレーム型式 カーボンファイバー製フロントフレーム キャスター角 24. ドゥカティは2021年型「」シリーズ全モデルのユーロ5適合を発表。 スペックともに世界最高峰の車輌をいちはやく入手するために先行予約を受付しております。 Variable length intake system Exhaust 4-2-1-2 system, with 2 catalytic converters and 2 lambda probes Starting Electric Max Power 211 hp 157. これにより、燃料噴射量を、より精密に制御することができます。 さらに効率的にラジエーターに冷却エアを導くラテラル・ベント• 2003年に最初のモデルが発表されて以来、累計11万台以上のムルティストラーダが生産され、その多用途性を拡大してきました。 ムルティストラーダの第4世代は、さらに高性能なバイクに進化していますが、歴代モデルの扱いやすさは受け継がれています。

もっと

【ドゥカティ】MY 2021「ストリートファイター V4」シリーズのユーロ5適合を発表! V4 S には新色を追加

これにより、モーターサイクルのコントロール性のレベルが引き上げられ、公道における安全性が向上するとともに、サーキットにおけるラップタイムも短縮することができます。 コーナリングABS EVO• ドゥカティのノウハウが惜しみなく投入されたこのアクラポヴィッチ製エグゾースト・システムは、市場で入手可能な最も先進的なレーシング・アセンブリーです。 ドゥカティ・マルチメディア・システム(DMS) パニガーレV4 Rには、ドゥカティ・マルチメディア・システム(DMS)を装着することができます。

もっと

パニガーレV4は214ps・263万円~で4月発売!

これにより、あたかも 2 気筒エンジンのような点火シーケンスが生み出されます。 新しいトルク・デリバリー・コントロール・ロジックにより、コーナリング中およびコーナー出口において、ライダーは 希望通りのスロットル開度を維持しながら、安定したコーナリングを行うことが可能です。 慣性プラットフォーム(IMU)は、コーナリングABS、ドゥカティ・ウィリー・コントロール(DWC)、ドゥカティ・トラクション・コントロール(DTC)(コーナリング・バージョン)の作動を管理します。 DPLは、DWCの機能を活用しています。 加速性能を高めるため、鋭い吹け上がりを実現し、レッドゾーンを高回転側に設定。 エミッション・レベルを常に制御するため、各シリンダーに1つずつ、合計4つのラムダセンサーを装着しました。

もっと

ADASを世界初搭載!ドゥカティ「新型ムルティストラーダV4」を発表

ライダーは2つの異なるレイアウトを呼び出すことができます。 これらすべての要素により、このニューモデルは、これまで以上に、あらゆる道を容易に制覇することができます。 ドゥカティ・ムルティストラーダV4 Sは、合金ホイールに加え、スポーク・ホイールも選択することができます。

もっと

パニガーレV4は214ps・263万円~で4月発売!

これにより、ライダーは、Bluetooth機能を介して着信に応答したり、お気に入りの音楽を聴いたり、テキスト・メッセージを受信したりすることができます。 エンジンブロックは、リアサスペンションとスイングアームの接続部としても機能します。 鍛造ホイールよりも1. このシステムは、シフトダウンの際にスリッパー・クラッチおよびエンジン・ブレーキ・コントロール(EBC)とシームレスに連携して、限界走行時における最適なギアの噛み合わせを実現しています。 「パニガーレ V4 S」を踏襲する先進のエレクトロニック・コントロールは、閾値(しきい値)が見直され、プロのライダーの要求にも応えるものとされています。 ドゥカティ・スライド・コントロール(DSC)• 新型ドゥカティ・ムルティストラーダ V4は、11月末からドゥカティ・ディーラーで販売されます(ヨーロッパ諸国のみ)。

もっと

New Panigale V4 (2020): The Science of Speed

59 PPI - 800xRGBx480)な最新のフルTFT 5インチ・ディスプレイが装備されています。 2020年モデルでマイナーチェンジを受け、パニガーレV4R(2019年)同様の空力パーツ(カウル左右のウイング)を備えた。 モダンなデザインと高度なテクノロジーを特徴とするこのドゥカティ・ネイキッド・バイクは、発売と同時に世界中で大きな成功を収め、国際的なメディアからも高く評価されています。 伝説的なドゥカティ『851』で初めて導入されたSPの略語は、現在のスーパーストックの前身であるスポーツ・プロダクション・チャンピオンシップに参戦するレーシングバイクを開発するためのベースモデルであることを示していた。 マットブラックのフェアリング、マットブラックのカーボンファイバー製パーツ、ホイール、ウイングに加え、対照的な光沢レッドのアクセントカラーと艶消しアルミを露出させた燃料タンクを組み合わせている。 天才クラウディオ・ドメニカーリ氏を代表に据え、研究開発部門では、MOTO GPとWSBKを舞台に戦っておられます。 2015年には、可変バルブ・タイミング機構を初搭載したエンジンが発表され、スムーズなパワーデリバリーがさらに改善されました。

もっと