明智 光秀 長良川 の 戦い。 【長良川の戦いとは】簡単にわかりやすく解説!!戦いの背景や内容・その後など

長良川の戦い以降、明智家は道三と義龍のどちらに味方したのか?

下克上の典型とされるが、油売りの話などの前半生は、父・新左衛門の事績とされる。 また、近年によって唱えられた説では、道三は重臣との対立によって義龍を擁した重臣達によって当主の地位を追われたため、義龍とそれを支持する重臣達を排除するためにこの戦いを起こしたとされている。 明智光秀の死後、江戸時代中期に書かれた「明智軍記」によれば、美濃の守護であった土岐氏(源氏)の一族であると記されていました。

もっと

「本能寺の変」のその後~明智光秀の最後とは~

そう考えるともしかしたら長良川の戦い以降、明智家は明らかに道三に味方したわけではなく、立場を鮮明にせず自らに味方しなかったために業を煮やした義龍によって明智城を攻められたのかもしれない。 もし、道三が長良川の戦いで勝利していたら、歴史は全く違った方向に進んでいたかもしれません。

もっと

明智光秀は長篠の戦いの功労者だった!光秀の戦術眼と功績を紹介

も末子(弟)で同様との指摘もある。 秀吉本隊(羽柴秀長・黒田孝高・蜂須賀正勝・堀秀政・・堀尾吉晴・神子田正治・・など):20000 秀吉本隊中には他に直番衆として、、、、、、といった顔ぶれもいた。 戦後 首実検を行い、その場所に道三の首が運ばれてきた。 光秀軍13,000人に対し、近習の100人足らずに守られていた信長は奮戦したが、やがて寺に火を放ち自害したとされている。 この合戦では道三に与したため、義龍により居城のを攻められ、辛うじて脱出したは流浪の生活が始まったとする説がある。 「己を偽装するのに抜け目がなく、戦争においては謀略を得意とし、忍耐力に富み、計略と策謀の達人であった。

もっと

明智光秀の叔父・明智光安!光秀を守り散っていた壮絶な最期とは?

一方の羽柴軍も前線部隊の消耗が激しく、日没が迫ったこともあり追撃は散発的なものに留まったが、それ以上に明智軍では士気の低下が著しく、勝竜寺城が大軍を収容できない平城だったこともあって兵の脱走・離散が相次ぎ、その数は700余にまで減衰した。 光秀は、まず坂本城に入り同年6月4日(1582年6月23日 )までに近江をほぼ平定し、同年6月5日には安土城に入って信長貯蔵の金銀財宝から名物を強奪して自分の家臣や味方に与えるなどした。 兵力は羽柴軍2万7,000人に対して明智軍は1万7,000人。 勝負は柴田が長屋の首を挙げたことにより決すると、両軍とも全軍に突撃を命じた。 または主題と関係の深い情報源のみに頼って書かれています。 なお、道三が国主となるまでの経緯もあって、重臣のをはじめ家中の大半は義龍を支持した。

もっと

【写真付】明智神社へ行ってきた!『麒麟がくる』の光秀像と神社のエピソード

義龍軍が約17500人だったのに対し、道三方の動員はわずか2700人ほど。 『明智軍戦記』:2010年、神宮寺元著 ()• 一時期は有力な説として注目されていたが、立花が「イエズス会説」に転換した現在、この説を唱える研究者はほぼいない。

もっと

長良川の戦い

同年6月2日(1581年7月2日)、織田家には無かったを、光秀が家法として定めた『明智家法』 後書きに「瓦礫のように落ちぶれ果てていた自分を召しだしそのうえ莫大な人数を預けられた。 仮に義龍が本当に頼芸の子だったならば、光秀が義龍に味方することが自然にも思えるが、しかしそうしなかったということは、やはり義龍は道三の子だったのではないだろうか。 道三は戦いを有利に進めていたものの兵力が少なく、さらに家臣の寝返りなどもあり不利な状況に陥ります。 籠城戦も無理だと判断して、光秀の妻子と自分の妻子を殺し、城に火を放って自害した。 本当に集落の中って感じです。 細川家 [ ] 光秀の娘、との間に、、多羅(室)などが生まれる。 20歳位の頃、芥川で光秀はの像を拾った。

もっと