国際 集積 エレクトロニクス 研究 開発 センター。 STT

国際集積エレクトロニクス研究開発センター教員・研究員公募情報

0実現という社会ニーズに対し、省エネ化に加えて、知的システムに資する革新的集積エレクトロニクスシステムが求められています。 28 ニュース のサテライトワークショップとして、2016 Spintronics Workshop on LSIを開催します。 多くの方のご参加をお待ちしております。

もっと

国立大学法人東北大学国際集積エレクトロニクス研究開発センターとの共同研究

心からお礼を申し上げますと共に、引き続きのご支援をお願い申し上げます。 19 ニュース のサテライトワークショップとして、2016 Spintronics Workshop on LSIを開催しました。 STT-MRAMは、スマートフォン(高機能携帯電話)やタブレット端末などへの利用を見込み、メモリ市場だけでも7兆円と試算されている。 4重界面磁気トンネル接合素子 Quad-MTJ の材料・デバイス技術の開発により、工業製品化されている従来の2重界面磁気トンネル接合素子(Double-MTJ)では困難であった車載スペックでの10年以上のデータ保持特性を維持しながら、1 10ナノ秒(ns)の高速書き込み動作と、2 21%の低消費電力動作と、3)10 11回以上の高書込み耐性の同時達成を世界で初めて実証• 界面磁気異方性を増加させる4重界面磁気トンネル接合素子 Quad-MTJ において、STT-MRAMとして必要な高速動作実証とデータ書き換え信頼性の確認に世界で初めて成功• ここでは演算装置と制御装置のことを指す。 その目的は、集積エレクトロニクス技術を研究開発し、その技術に係る国際的産学連携拠点の構築を図ることにより、次世代集積エレクトロニクス分野におけるわが国の国際的な競争力の強化に寄与するとともに、集積エレクトロニクス分野の技術の実用化と新産業の創出を目指すところにある。

もっと

国際集積エレクトロニクス研究開発センター教員・研究員公募情報

, ISSCC2019 2019 International Solid-State Circuits Conference , Feb. 引き続き、世界を先導する集積エレクトロニクス・AIハードウェア研究開発拠点を目指して、革新的コア技術の創出、及び実用化による産業界への貢献と我が国の国際的競争力強化、そして地域連携による「東北復興・日本新生の先導」に寄与して参ります。 今年度のTIAシンポジウムは、ノーベル化学賞受賞の吉野彰氏、名城大学の飯島澄男終身教授、東北大学の大野英男総長から、日本の科学者、研究者、技術者たちへ活きる知見を配信します。 研究成果として期待されるスピントロニクス技術(STT-MRAM等)を搭載した新たなコンピュータアーキテクチャ上でのソフトウエア技術(Firmware:FWやMiddleware:MW(注3)、アプリケーション)は、当社としての次世代AIプロセッサ用ソフトウエア技術となり得ると考えております。

もっと

センター概要

2016. この学を介した多対多型の産学共創場により、システム(ニーズ)にドライブされたイノベーションを生む革新的集積エレクトロニクス技術の開発を行う。 注3 ファームウエア「Firmware(FW)」とは、コンピュータなどに内蔵されるソフトウエアの一種で、本体内部の回路や装置などの基本的な制御を司る機能を持ったものをいう。 多くの方のご参加をお待ちしております。 Endoh, MMM2016 61st Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials , Oct. jp)までご連絡ください。 ぜひご一読ください。 研究開発分野をスピントロニクスから、AIハードウェア、パワーエレクトロニクスに拡充し、産学共同研究も7課題から18課題に大幅に拡大して、集積エレクトロニクス技術に係るコア技術の開発を推進しております。 産業構造の面からの社会要請もある。

もっと