プライベート プリンス。 プライベート・プリンスの既刊一覧

「プライベートプリンス」最終回の結末のネタバレと感想について|ささやんのマンガ倉庫

2005年 07月26日発売、• ウィルフレッド・エンリケ・リツカ・エストール エストリア王国第2王子。 女性やマスコミからの黄色い声に、うんざりするウィル。 「私は、ウィルに相応しくないんでしょうか?」と、アルフレッドに相談する、都。 同じ作者のコミックス• トラぶる キック• いずれ独立して自分の店を持つことを夢見ている。 おっとりとした性格。 しかし、それ以外の物は全て平均以上でまとめられていますので、読んだ後の満足感は思っている以上にある、と断言できます。

もっと

プライベート・プリンスとは

ボクが十番勝負する理由〔小学館文庫〕• アルフレッド エストリア皇太子。 貴公子然とした知性溢れる容姿だが、実は大の巨乳好き。 研究熱心で滅多に家に帰らない植物学者でもある夫が帰って来られる場所を失わないためにも、都に旅館を継がせることを夢見ている。 王子であるがために都と結婚できない自分を悔しがる、ウィル。 セシリア エストリア王女。 はぴまり こんな新婚生活アリですか?• ウィルが都のマンションから出てきた姿を目撃されてしまっていたんですよね。 エストリア王国でウィルの家族と会う、都。

もっと

マンガ『プライベート・プリンス』全5巻ネタバレ感想

同じ女性を曾祖母に持ちながらも、王家の人間かそうでないかで差別され続けるという努力では埋めようのない差に幼い頃に気付き、ウィルに一方的に対抗心を抱いていた。 彼もリツコ妃の血を引く者であるといい、手記をネタに都に迫る。 ヒロインの名前は、桜川都(さくらがわ みやこ)。

もっと

プライベート・プリンスとは

都の愛情を利用して自身の研究を手伝わせ、研究成果を自分のものとして発表した後にあっさり都を振る。 高校卒業後、「さくらがわ」に就職した。 ウィルに騙されたも同然の状況で彼と肉体関係を持ってしまい悩むが、ウィルの優しい一面に抗えない自分がいることにも悩む。 ウィルもこのことに関して、ハッキリとさせたかったらしく、都へお願いするんですよ。 B 89・W 61・H 89のナイスバディーであるが、本人はコンプレックスだと思っている。

もっと