トライ スター。 事業所の詳細

【公式】TRISTAR(トライスター)

当機が全日空初のワイドボディ機である。

もっと

ロッキード L

L-1011のコックピット のように、軍用機開発や宇宙開発で培ったロッキード社の持つ技術力の全てをトライスターに投入すべく、当時としては先進的な機能を多く盛り込んだ。 しかし、トライスターはセンターギアを装備出来ず、するように、そのまま最大離陸重量を増加させると空港施設に許容される接地面圧を超えてしまうという問題に直面した。 B767で培われた、機体構造や装備品のハイテク技術が、さらに進化して取り入れられており、外観上は従来の747型と二階席部分の延長のほかは大きな変化がないが、中身はまるで新しい機体になっている。 L-1011-400 [ ] 後述の-500型と同じ胴体に-1型と同じRB211-22Bエンジンを搭載する短・中距離仕様である が、興味を示す航空会社はなかった。 野木恵一著 「軍事研究 2007年9月号」『グローバル軍需産業の世界戦略』 (株)ジャパン・ミリタリー・レビュー発行 p. トライスター映画の一部門となった。 しかし、採算の見込みが立たない状態でプログラムの打ち切りを余儀なくされていた上、設計ミスに起因する空中分解事故により速度が制限されたため、燃費などを考慮してもやなどの中距離用ジェット機に太刀打ちできず ロッキードは社内のリソースをギャラクシーに集中したこともあり、エレクトラの販売数は144機 総生産数167機 と低迷し旅客機メーカーとしての地位は大きく低下した。

もっと

トライスター・ピクチャーズ

さらに4月3日にはから24機を受注するに至り、同日にローンチ(生産プログラム開始)を発表、DC-10より先に製造が開始されることになったのである。

もっと

宮崎の総合不動産業 トライスター

接地以降DLCは直ちに解除され、スポイラーは主翼揚力減殺効果を最大限得るべく全開される。 沿革 [ ] 飛行機の製作をはじめた系のアメリカ人、アラン・ロッキードとマルコム・ロッキード兄弟( Allan and Malcom Loughhead )によってに「Alco Hydro-Aeroplane Company」が創設された。 上昇率: 14. Air International, December 1985, Volume 29, No. 「トリプルセブン」の愛称で、国内線と国際線で活躍しています。

もっと