竹村 延 和。 MUSIC TODAY IN KYOTO 2019

竹村延和 『Zeitraum』

かつて彼が寵愛を受けたスタイルは、ドイツに移り住むことによってか、もしくは歳月を経て変化しない人間などいないとでも言いたそうな、童話的でありながらも人懐っこさを削ぎ落とした、どこかストイックな印象の作品になった。 (2007年10月8日時点のアーカイブ)• 最後のインタヴューでは、それが地方の活性化や世の中の変化にもつながると言っている。 なお、『こどもと魔法』をリリースした後に、ワーナーとの契約を解消した。 先程のセルフライナーでも書かれていたが、何十回も聴くことで本作は新しい聴こえ方をする。 それは2013年3月、ベルリンHKW主催のフェスティヴァルで発表された5名の演奏家と映像の作品「内面化された異物」や、2011年メキシコで上演された音と映像の戯曲「それぞれの時間で」からの楽曲。

もっと

竹村延和

略歴 オーディオ・スポーツ、スピリチュアル・ヴァイブスでの中心的な活動を経て、、ソロ・アルバム『Child's View』をリリース。 「自分は他人とは違う。 竹村延和はショート・パフォーマンスを、角銅真実はソロ・パフォーマンスを披露。

もっと

竹村延和が京都で個展、金氏徹平とトーク&会場限定販売CDも

蓮沼執太 灰野敬二 角銅真実 エレナ・トゥタッチコワ 空間現代(DJ外出). ) この十数年来、何処にいてもインターネット利用は「Eメール使用のみ」を基調に、最小限に留め過ごしてきました。

もっと

MUSIC TODAY IN KYOTO 2019

テレビ番組やなどの作曲もこなし、の犬の感情表現時の鳴き声の「作曲」も担当した。 Meteor(1999年)• Sign()• ほしのこえ( Hoshi no Koe、) Assembler名義• on Identification with the Enemy - A Key to the Underworld(の・ミュージシャンとのコラボレーション、)• Child's View()• この本の中では、80年代のセカンド・サマー・オブ・ラブの当事者であるUMAA. 開発者の佐々木渉さんは「あえてチープに、おもちゃっぽいロリータボイスにした」と言っていますが、僕も含めて2007年の時点ではその意図を理解していなかった。 「初音ミク」というものがある、ということ自体はすでに沢山の人が知っているわけです。

もっと

竹村延和 『Zeitraum』

また彼女が「存在の類比」などカトリシズムの深淵に触れていないように見えるのは、プラトンやカントに依拠した美の感受について、数多くの描写からうかがえますし、J.マリタンへの批判も彼女が、二元論的構図で思索していたこと、その限界も同時に見えてきます。 例えば生の管楽器の音と打ち込みがバランス良く配置されていること。 ほしのこえ( Hoshi no Koe、) Assembler名義• Animate(2002年)• その経験も踏まえてか『こどもと魔法』(1997年)ではそれまでの彼のディスコグラフィを刷新するような新しい音で満ちていた。 ソングブック( Songbook、)• 神経質過ぎると思われるかもしれません。 Assembler 2() リミックス作品• パンデミック騒動以来、人々がリモート環境を強いられ、オンライン接続させられる場面が 急増する 中、 また米大統領選の影響からか、電子空間から情報を取ろうとすると、はるか遠く隔たった無関係な領野にまで、その波が及んでおり眩暈がします。

もっと

竹村延和とは

電子空間で何かを知ろうとすると、天気予報や時刻表確認ですら、次々に割り込んでくる広告などの雑多情報に眩暈がするのです。 加えて「子どもの霊性」への関心からモンテッソーリ( Maria Montessori )等の幼児教育の源流にカトリックが在ること、また ボルツァーノ( Bernard Bolzano ) やカントール( Georg Cantor )等の数学の中に神学を発見するようになったためです。 、であるとの共作『Sign』がシカゴ近代美術館 MCA の アート・フェスティバルでエントリー上映されたのを皮切りに世界各地で話題となる。 舌足らずでちゃんと歌えていないものをみんなで愛でるという文化が下地になった。 Sign()• レコード業界もそうだったし、プロダクションも、自分も含めて多くの音楽メディアもそうだった。 逆境に強く、独立心も旺盛 外見はスタイリッシュで知的ですが、細かいことには無頓着でのびのびとした明るい性格。

もっと