川口 マーン。 【最新刊】世界「新」経済戦争 なぜ自動車の覇権争いを知れば未来がわかるのか

川口 マーン 惠美 Emi Kawaguchi Mahn

『あるドイツ女性の二十世紀 1900-1993』草思社、1995• 日本大学芸術学部卒業後、渡独。 ドイツと比べると、日本の高齢化問題がよくわかるだが、ではどうすればいいのか? それを考えるとき、ひょっとすると、日独比較は、結構役に立つかもしれない。 そして、収穫の感激。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 世界一の高齢国ニッポンの老後は、介護も医療も、実はあまりに恵まれていた!将来の世代が心配になるほどにー。 【内容情報】(出版社より) 実は格差がひどいドイツ。 『禁断』草思社、2001• そんな本をドイツ人が読めば、これは人の虐殺を合法だったというのとほとんど同じ理屈だとみなされるであろう。 新書 新書 興味深いタイトルに惹かれて一気に読ませてもらったのだが、著者のかなり右翼チックな解説には初めから終わりまで辟易とさせられた。

もっと

『老後の誤算 日本とドイツ』(草思社)

実際、現在のをはじめその周辺の人物はいまだに論を固持しているので、安倍シンパとしては当然その方があたりまえだと思っているのであろう。 『移民難民 世界一安全で親切な国日本がEUの轍を踏まないために』グッドブックス、2019。 日本大学芸術学部音楽学科ピアノ科卒業。 よく使われるのが、15〜64歳を現役世代として、その人数を65歳以上の高齢者の人数で割った数値だ。 チャンネル桜 「闘論!倒論!討論!」等、不定期にて出演中 脚注・出典 [編集 ]. また、老後の備えにも差が目立つ。 日本大学芸術学部音楽学科卒業。 以前はドイツの町を歩いていると『日本人ですか』と声をかけられた 著者も、最近は喫茶店にはいっても、ウェイターが得意そうにニーハオと 挨拶してくるそうな。

もっと

川口マーン惠美

ISBN 978-4-7942-2361-6• 欧州の高齢国ドイツが苦しむ介護と医療の問題を紹介し、日本と徹底比較。

もっと

川口 マーン 惠美 Emi Kawaguchi Mahn

日本での「当たり前」が、実は、当たり前ではないということに気づく。 もしこれが逆であれば、日本のマスコミが果たして遠い国(近い国でも同じだが)の政治をこれほど正しく伝えるであろうかと非常に疑問に思う。 著者にはぜひこのあたりまえの事実に気付いてほしい。 共著 [ ]• しかも、老人ホームは高く、また、日本のように特養(特別養護老人ホーム)という万人のための施設もない。 東日本大震災のおり、日本から逃げ出したのは中国人が圧倒的だったが、 第二位はドイツ人だった。

もっと

川口マーン惠美

来歴 [編集 ] 生まれ。 『フセイン独裁下のイラクで暮らして』、1990• 『国際結婚ナイショ話』草思社、1997• 『母親に向かない人の子育て術』、2007• マイク・ブラツケ『北朝鮮「楽園の残骸」 ある東独青年が見た真実』草思社、2003年。 しかしこの著者には人を殺したドイツと一緒にされたくはないというのである。 ISBN 978-4-907461-23-2 共著 [編集 ]• これを日本に置き換えるなら、田んぼに干してある稲穂の列が、秋の夕日に照らされて黄金に輝く風景だろうか? しかし、収穫がたわわにあるのはいいとしても、私にはいずれもあまり理想的だとは思えない。 実習は、シュトゥットガルト、神奈川県、そしてハンブルクの病院で行った。

もっと

■ドイツ在住作家川口マーン恵美氏のドイツ批判書物に関して

こんな人の書いた本を読んで喜ぶ人間が「安倍談話」を擁護するのは当然かもしれないと思った。 ISBN 978-4062729659• 4人で、ドイツの6割以下という少なさだ。 ですから、ドイツ在住の方が書く本は どうしても気になり読んでみたくなります。 2016年、『ドイツの脱原発がよくわかる本』(草思社)で第36回エネルギーフォーラム賞・普及啓発賞、2018年、『復興の日本人論』(グッドブックス)で第38回同賞・特別賞を受賞。 残念ながら、日本にいいものがありながら、戦後アメリカナイズされ その多くを失ってしまいました。 在独35年超の著者が、日本で両親の入居施設探しに奔走した体験などを交えつつ綴る、介護・医療制度の国際比較ルポ。 『ドイツで、日本と東アジアはどう報じられているか? その手始めとして、彼ら学生の一人が宮崎正弘氏の書評を探しだしてきた と知らせてくれました。

もっと

楽天ブックス: 老後の誤算 日本とドイツ

ただ、これらのアンバランスを完全に手遅れにならないうちに是正しようとするなら、それができるのは彼らではない。 文章を書くという仕事は、著者のレベルも同時に問われるとことになると 思います。

もっと

川口 マーン 惠美 Emi Kawaguchi Mahn

出演番組 [ ] インターネット配信 [ ]• 私の場合、家族がドイツにいるし、やはりドイツを終の住処にすることが正しいと、普通なら考える。 』祥伝社新書 2013 があります。 「クライン孝子のホームページ」 「はてな 」 メールはこちらへ E-mail: mail takakoklein. イエスマンとしてのSPD(社民党)の役割が顕著である。 さらに深夜、大統領の署名を得て、翌日施行という離れ業を見せた。 『なぜ日本人は、一瞬でおつりの計算ができるのか』、2015。 近い将来、急激に増えていくであろう高齢者の疾病に対応できるだろうか。

もっと