服 捨てる タイミング。 「残す服or捨てる服」…見極めポイントは6つ!プロが教える整理術

洋服を捨てる・買い替えるタイミングっていつが良いの?ミニマリスト的買い物術

着る頻度にもよりますが、1〜2年くらいで買い換えるのが最適です。

もっと

16着まで服を断捨離してわかった捨てても後悔しない服の10の特徴

柄ものやチェックシャツは目立ちにくいのですが、単色で鮮やかな色の物は濃淡がハッキリしてしまいます。 やせてサイズが合わなくなったら、新しい服を用意すればいいのです。 2回目の断捨離を終えると、 これで衣替えというめんどくさい作業が今後必要なくなります。 服の断捨離はパワーがいりますが、クローゼットの中を一度空っぽにしてから一気に断捨離する方法がおすすめです。

もっと

クローゼットにこんな「着ないオバ服」が溜まる人。2つの捨てどきとは?|OTONA SALONE[オトナサローネ]

ベーシックなものなら数年、トレンド色が強いものはワンシーズンから1年程で買い替えを。 低価格で高品質の服をたくさん着て、早めに買い替えるほうが結果的にコスパがよくなりますね。 趣味は偏ることがあるので、似たような服がいくつも、ということは少なくはないでしょう。 全部捨てましょう。 それは生きたワードローブですから。 「いつか着るだろう」タイプ。 オークションで売る• 一度買った服は1シーズンくらい着まわしてから処分するので、質としては問題ないけれども未使用とはいかないので、購入時の価格からだいたい五分の一くらいの値段であればだいたい売れます。

もっと

「残す服or捨てる服」…見極めポイントは6つ!プロが教える整理術

クローゼットは冷蔵庫と同じ!賞味期限と消費期限をチェック(写真/PIXTA) 服にも「賞味期限」と「消費期限」がある クローゼットの中にはたくさん洋服があるのに「『何を着たらいいかわからない』と嘆く50~60代の女性が増えている」と、スタイリストの地曳いく子さんは言う。 もう着ないのに捨てられない服、ありますか? たくさんある(10着以上) 28% そこそこある(4~9着程度) 37% 2~3着ある 18% ほとんどない 17% 10着以上捨てられない服があるという方が約3割、そこそこある……という人も約4割。 一方で「ほとんどない」人は17%にとどまり、やはりかなりの人が「捨てられない服」があるという結果になりました。 イマイチな服がたとえ100着あっても、自分に似合う1着にはかなわない。 ロリィタファッションにハマッていた時期があって、高いのに頑張って服を買っていました。 合わせてご覧下さい。 平日5日、休日2日として、普段着のうち、仕事や学校にも着ていかず、休日の外出時にも着ない服は、持っているだけでどんどん流行遅れになり、気に入らない服になっていきます。

もっと

「服の寿命」の見極め方、処分タイミングを本気で考えてみました

毛玉が多かったり伸びてたりする洋服 気に入っていても、• 【方法4】リサイクルに出す そして4つ目は、リサイクルに出すという方法です。 もちろん、「洗濯が回らない」など、どうしても必要な買い足しはあってしかるべきですが...。 例えば、通勤用の服がみすぼらしくなり、 この服で電車に乗るのはちょっと・・・と思うのならば、即、通勤服にするのはやめましょう。 服を大事に着ている=めったに買わない生活をしているおかげで、買い替えの靴には5~7万円位投資で着そうです。 大切に長く使って、その間にじっくりリサーチ・貯金して、そこから服の質を上げていくのも服の楽しみ方ですよ。 どんな格安良品でも、安さにかまけて、1回しか着ないのなら、割高な買い物。

もっと