スペラ ファーマ 株式 会社。 イワキグループのスペラファーマが「トランスポーター」創薬ベンチャー・ジェイファーマの第三者割当増資を引受け

武田薬品のファーマシューティカルサイエンスに関する変革に向けた 武州製薬とのパートナーシップにかかるさらなる情報の公表について

なお20年11月期からセグメント区分を、ファインケミカル事業 医薬品原料の製造販売 、医薬事業 医薬品の製造販売、医療機器の販売 、HBC・食品事業 化粧品原料の販売、一般用医薬品および関連商品の卸売、化粧品通信販売、機能性食品原料の販売、食品原料の販売 、化学品事業 表面処理薬品の製造販売、プリント配線板等製造プラントの製造販売 とした。 9倍、時価総額は約188億円である。 (5)会社分割により増減する資本金 本会社分割による武田薬品の資本金の増減はありません。 医薬事業が牽引して増収だが、新型コロナウイルスの影響でファインケミカル事業の電子・機能材料、HBC・食品事業のインバウンド関連が低調に推移し、全体として営業・経常減益だった。

もっと

設備紹介

中期経営計画 ローリング方式、20年11月期~22年11月期 では目標数値に、22年11月期売上高750億円、営業利益32億円、ROIC8. 上値を試す展開を期待したい。 また、両社の関係者および関係会社は、相手方の関連当事者には該当しません。

もっと

設備紹介

事業会社の体制 予定 は、ファインケミカル事業 スペラファーマ、新設予定のスペラネクサス 、医薬事業 岩城製薬、岩城製薬佐倉工場 、HBC・食品事業 イワキ、アプロス 、化学品事業 メルテックス、東京化工機、海外子会社等 としている。

もっと

武田薬品のファーマシューティカルサイエンスに関する変革に向けた 武州製薬とのパートナーシップにかかるさらなる情報の公表について

【】 イワキグループのファインケミカル事業部及び医薬事業部は、主に医薬品について、医薬品原料・医薬品の製造から販売までを行っている。 また、両社の関係者および関係会社の間には、特筆すべき資本関係はありません。 この日の寄り前、武州製薬(埼玉県川越市)が保有するスペラファーマ(大阪市淀川区)の全株式を取得し、完全子会社化すると発表しており、これが好感されている。 ファインケミカル事業および医薬事業の中心となるビジネスとして育成する。 配当予想は1円増配の14円 第2四半期末7円、期末7円 である。 グローバルに培ってきた技術・経験・情熱の「全て」をもって、皆さまの大切な候補化合物を医薬品の「1錠」というかたちに創り上げます。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 20年11月期は一過性費用も影響して営業・経常減益予想としたが、21年11月期の収益拡大を期待したい。

もっと

スペラファーマ株式会社の全株式譲受完了についてのお知らせ(武州製薬株式会社 プレスリリース)

昨年の売上高は64億円で、研究者100人を含む約230人の従業員を擁する。 事業内容 開発初期から申請までOne-StopでCMC関連サービスを提供する医薬品研究開発受託会社 住所 532-0024 大阪府大阪市淀川区十三本町二丁目17番85号 TEL 050-1746-2014 FAX 06-7659-2083 URL 営業拠点 ・ 取扱い商品 粉粒体処理装置 取扱い商品 測定・分析用機器 取扱い商品 粉体材料・その他 ・ 取扱いサービス テスト依頼 取扱いサービス 分析・測定依頼 ・・・・・・・・・・・・ 取扱いサービス 受託加工 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 営業品目 ひとこと 武州製薬との連携により、研究開発から商用製造までのあらゆるステージで、ニーズに合ったハイレベルなソリューションをグローバルに提供. 20年1月医療用後発医薬品・一般用医薬品開発の前田薬品工業に出資、20年3月医薬品CMC研究・製造受託のスペラファーマを子会社化、20年6月スペラファーマが創薬ベンチャーのジェイファーマに出資、20年7月岩城製薬が鳥居薬品佐倉工場を継承した新会社の全株式を取得して岩城製薬佐倉工場 株 とした。 00 円 承継会社(2017年5月15日現在) (1) 名 称 スペラファーマ株式会社 (2) 所在地 大阪府大阪市淀川区十三本町二丁目17番85号 (3) 代表者の役職・氏名 代表取締役 新美 満洋 (4) 事業内容 医薬品の治験薬の開発および製造の受託等 (5) 資本金 10百万円 (6) 設立年月日 2017年4月20日 (7) 発行済株式数 200株 (8) 決算期 3月31日 (9) 大株主および持株比率 武田薬品工業株式会社 100% 4. お客様とのお話の中でスペラファーマへの期待や、現状で不足している機能についても理解が進みました。 (3)譲渡株式数および譲渡前後の所有株式の状況 (1) 譲渡前の所有株式数 8,000株 (議決権の数:8,000個) 議決権所有割合:100% (2) 譲渡株式数 8,000株 (議決権の数:8,000個) (3) 譲渡後の所有株式数 0株 (議決権の数:0個) 議決権所有割合:0% 譲渡価格については、非上場会社である株式譲渡先との合意により非公表とさせていただきます。 (2)会社分割の方式 武田薬品を分割会社とし、スペラファーマを承継会社とする吸収分割です。 人的関係 両社の間には、記載すべき人的関係はありません。 配当方針は、安定的かつ業績連動性を持たせた「純資産配当率 DOE 下限1. スペラファーマは研究受託企業であり、医薬品の研究開発から商用化までのあらゆるステージでハイレベルなCMC(医薬品の開発初期から承認申請までの管理)ソリューションを提供しており、子会社化により研究受託業務の強化を図り、医薬品開発の初期段階から申請に至る各プロセスにおける取引先のニーズに応えるハイレベルなソリューションを提供するのが狙い。

もっと