桜 十字 八代 リハビリテーション 病院。 園芸スタッフ/桜十字八代リハビリテーション病院(ID: 43010

園芸スタッフ/桜十字八代リハビリテーション病院(ID: 43010

。 また、当院は八代市の中心繁華街である本町アーケードに面して立地しています。 嚥下造影検査(VF) VFとは、レントゲンを使って、食べ物が気管に入っていないかどうか、安全に飲み込みができるかどうかを調べる検査です。 患者さまに質の高いリハビリテーションを提供できるように、一人の患者さまに関わるチームで支援していきます。 健康診断:092-791-1120• VFを必要に応じて行い、医師、言語聴覚士のみならず、看護師、理学療法士、作業療法士などチームで「口から食べること」に関わり、改善を図っています。 午後 13:00~17:00• 将来的には、地域と一緒になって、新たな「マチづくり」を目指してまいります。 リハビリテーション回診 医師と担当セラピスト、リハビリ責任者、他職種とチームで回診を週1回行っております。

もっと

リハビリテーション部紹介

書類選考後、追ってご連絡を差し上げます。 *まずは、応募書類を「桜十字八代リハビリテーション病院内 株式会社プラスワン担当」宛にご郵送又はご持参ください。

もっと

園芸スタッフ/桜十字八代リハビリテーション病院(ID: 43010

また退院した後も、装具が患者さまに適した状態であるか確認するために、「装具手帳」をお配りしています。 人事:092-791-1123• さらに、退院後の生活に戻った後に、病前よりも健康的な生活を送り、次の疾病の予防が可能となる生活の支援まで行うことを目標にしたいと考えています。

もっと

桜十字八代リハビリテーション病院(熊本県八代市)の地鎮祭を行いました

熊本県八代市に「桜十字八代リハビリテーション病院」が開院しました。 〒810-0004 福岡市中央区渡辺通 3丁目5番11号 桜十字メディカルスクエア• 回復期リハビリテーション病床など199床を有し、熊本県において県南最大のリハビリテーションの拠点を目指します。 「ヒト」という言葉には、患者さまだけでない多くの「ヒト」達が、「マチ」には、病院近隣の町だけでなく、もっと広い「街」や「地域」という意味が含まれています。 当院では「脳卒中ガイドライン」で推奨されている「装具を用いた早期歩行訓練」を実現するために、入院早期から処方しています。 64 ㎡ <予定工期>2019 年1 月10 日 ~ 2020 年1 月31 日 <運営法人>医療法人八代桜十字. その他• セラピストとして常に探究心・向上心を持ち、日々の臨床活動に加え、学術活動を通して 研鑽 けんさん を深めます。 休診日 土・日・祝日• リハビリテーションを毎日行うことで、より早く日常生活を送れるようになることを目指します。 入院相談:092-791-1130• 高度急性期医療からご自宅への退院に至る流れの中で、当院は回復期を中心として、その流れを切れ目なくつなぐ役割を担ってまいります。

もっと

リハビリテーション部紹介

当グループは年々成長を続けており経営基盤が安定しているため 長く安心して働くことができます。 代表電話:092-791-1100• 桜十字八代リハビリテーション病院は八代市中心アーケード街に建設し、2020年2月の開院を予定。 2018年12月13日、熊本県八代市にて、「桜十字八代リハビリテーション病院」の地鎮祭を行いました。 「リハビリテーション」の言葉のとおり、ヒトとマチを元気にし、活性化に貢献し続けることに努めてまいります。 *駐車場無料. 装具回診 医師、装具担当理学療法士、義肢装具士が、患者さまを交えて装具について検討し、患者さまに満足いただける、適した装具の処方を目指します。 <院長>西 徹(日本脳神経外科学会専門医/桜十字病院院長補佐/元・済生会熊本病院副院長) <病床数>199 床(予定:回復期リハビリテーション病床、障害者施設等一般病床など) <診療科目>脳神経外科/内科/外科/整形外科/リハビリテーション科/胃腸内科/神経内科 <職員構成>総数350 名(予定:常勤医師10 名、セラピスト100 名、看護師・准看護師100 名) <構造・規模>鉄骨造5階建 <面積>建築面積2355. リハビリテーション部紹介 理念 個々の患者さま・ご家族の気持ちに寄り添い、適切な評価・科学的根拠に基づくプログラムを行うことで、心身機能・活動の向上を図り、生活障害 参加制限 の改善を目指します。

もっと

桜十字八代リハビリテーション病院(熊本県八代市)の地鎮祭を行いました

病院のコンセプトは「ヒトとマチを元気に」。

もっと