スター ウォーズ クローン 大戦。 スター・ウォーズにおける戦いの一覧

『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』シーズン7はインディペンデントだったルーカスフィルム時代に別れを告げるシーズンだった

ラダスはブルー中隊にシールド・ゲートの通過と地上部隊の支援を指示するが、数機とUウィングがシールド・ゲートを通過したその時にシールド・ゲートが閉ざされ、以降の侵入が不可能になってしまった。 目的を果たしたレジスタンスは、戦闘機を回収してすぐさまハイパージャンプを敢行し戦場を逃れた。 アソーカは互角にモールと渡り合うも最終的に追い詰められる。 ルーカスアーツ解体による「フォース アンリーシュド」の制作中止は「クローン・ウォーズ」を完全な形で作ることが難しくなった 2012年に起きた衝撃の買収劇から早くも8年が経ち、「スター・ウォーズ」は様変わりしてしまった。 アソーカを始めとした主要な登場人物が次々と舞台から降りていくなか、エピソード3までにどのようなドラマが展開されるのかといった期待が高まっていく中唐突に「クローン・ウォーズ」の終了が発表。 このシーズンの3DCGアニメーションはトップクラスのクオリティだと思う。

もっと

映画:スターウォーズ、アニメ:クローン・ウォーズを時系列順に見るための一覧表│Flower of Life Garden

CWアニメではダース・モールが復活するのも注目点。 他にも「フォース アンリーシュド2」の特徴として、進行の障害となっている物をフォースで根本となる大型機械の動力をぶち壊して進むイベントが多かった。 すなわち、ホロネット・ニュースは『14:9:04』のタイトルが、CISシャドウフィードは『14:9:15』のタイトルが2つ掲載されている。 主人公のアナキンがとにかく大活躍。 ロッタ・ザ・ハット救出作戦 [ ] クリストフシスの戦いと同じ頃、銀河外縁部の航路を支配するジャバ・ザ・ハットの息子、ロッタ・ザ・ハットが何者かに誘拐されるという事件が発生。

もっと

スター・ウォーズ クローン大戦

グリーヴァスは四本のライトセーバーでオビ=ワンに猛攻を仕掛けるが、巧みに攻撃を受け流しながら的確な反撃を入れるオビ=ワンの絶妙なライトセーバー捌きにより、グリーヴァスは次第に追い詰められていく。 こうした対比点から「アソーカはアナキンの弟子として、ベイダーの弟子のスターキラーと戦うのではないか?」という憶測が飛び交ったのは無理もない。 ローディアを代表する元老院議員であるオナコンダ・ファーはパドメの父が若いころに携わっていた難民救済運動を手助けしていた縁でパドメの一家とは家族ぐるみの付き合いをしており、パドメにとっては伯父同然の存在だったのである。 それでもウィンドゥがこの計画に対する不安を打ち明けると、ヨーダは漠然と、オビ=ワンは1人でこの苦行に立ち向かうのではないと呟いたのだった。 アソーカと「スランマー」と「スゥープ」は辛くも旗艦「レゾリュート」に着艦する。 には分隊が搭乗しており、攻撃に備えて武器の準備を行っていた。 その中でクローン・トルーパー「ファイブス」と「ハードケース」、「ジェシー」がアンバラ空軍基地を独断で攻撃。

もっと

3DCGで描かれるクローン大戦――「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」

ダントゥインの戦い [ ] 共和国の大クローン軍による銀河全域の哨戒で、多くの陰謀が明るみに出ると考えていた独立星系連合は、本格的な衝突に備え軍備の増強を急いでいた。 これを聞いたアナキンとオビ=ワンはアイエゴに行き、ウイルスの解毒剤になる「リークサの根」を発見するが、アイエゴには「ドロル」と呼ばれる幽霊の噂が広がっていた。 ターキンはスーパーレーザーでの地上砲撃を指示し、ジンやキャシアンをはじめ、地上にいた全員が爆発に巻き込まれて死亡した。 (2010年 - 2018年)• ジェダイ聖堂では、ヨーダがオビ=ワン・ケノービにかつての敵が死の世界から復活したこと、そして再び彼を狙っていることを告げたのである。 シーズン7ではモールがマインドトリックを使えないため、フォースで銃口を仲間に向けさせる形で同士討ち演出を果たしている。

もっと