若竹 七海 羽村 晶。 【小説】悪いうさぎ/探偵・葉村晶シリーズ初の長編! 失踪した女子高生を探すうちにたどりつく真相が重すぎる

女探偵は砕けない。ミステリー小説「葉村晶シリーズ」レビュー

また個性豊かなレギュラー陣、多彩なゲストの皆様の素晴らしい演技をえて、新しい時代の「探偵物語」をお届けできることを嬉しく思っています。

もっと

【ハムラアキラ】全話あらすじやキャスト一覧|原作ネタバレ!シシドカフカの結末は?

白のミステリー(1997年12月 光文社)「暗闇の猫はみんな黒猫」• 野々村 松尾貴史 …脱サラしリサイクル店のオーナー兼店長でリサイクルに向かない古着を着こなす趣味人。 大学卒業後、5年間のOL生活を経て「ぼくのミステリな日常」で小説家デビューを果たし高い評価を得ています。 「葉村晶」シリーズの作者・若竹七海とは 「葉村晶」シリーズを手がけるのは、作者・若竹七海(わかたけななみ)です。 探偵本来の業務だけではなく、古書や稀覯本にまつわるミステリ専門書店の店員ならではの事件がおもしろい。 女探偵、葉村晶シリーズ。 - 『殺人鬼がもう一人』 24位 ミステリが読みたい! どうか、一人でも多くの方に愛される作品になりますように。 女探偵・葉村晶の人物像 本作の主人公・葉村晶は、傍若無人な姉から逃れるために、転職や転居を繰り返します。

もっと

【小説】悪いうさぎ/探偵・葉村晶シリーズ初の長編! 失踪した女子高生を探すうちにたどりつく真相が重すぎる

- 「夏の果て」で第38回候補。

もっと

若竹七海のオススメ本を教えてください。デビュー作と葉村晶シリーズと葉崎シ...

古書店常連。 感想は…キレッキレですね!実におもしろい。 生沢メイ(晶の同級生) - 第2回• 葉村家で「姫」として育てられたためわがままで、晶に対しては傍若無人な態度で接する。 2016年10月、、 収録作品 初出 蠅男 『』2009年 vol. ドラマ 「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」 主題歌は未発表です。 やっかいな姉から逃れ、転職、転居を繰り返すうち探偵業につくようになった苦労人。

もっと

若竹七海のオススメ本を教えてください。デビュー作と葉村晶シリーズと葉崎シ...

見所は、長編ならではの大盤振る舞いな不幸っぷり。

もっと

若竹七海

2016年• 12頁「いつまでもこうしているこたあねえだろ。 [ ]• 類稀なる推理力を持つ彼らが、どのように謎に挑んでいくのかに注目です。 かつては警察官だったが、事件が起きてからでしか捜査出来ないことに嫌気が差して探偵になった。 - 『海神の晩餐』20位• 前作『悪いうさぎ』からなんと 13年ぶりとなる長編作品。 住み慣れた調布市のシェアハウスを建て替えのため引っ越さなくてはならなくなった葉村は、青沼ミツエの申し出で〈ブルーレイク・フラット〉に移り住むことになるが、そこでは思いもかけぬサバイバル生活が待っていた。 著者 若竹 七海 出版日 2004-07-09 その後、退院した晶に、指名で依頼が舞い込みます。

もっと

『悪いうさぎ (文春文庫)』(若竹七海)の感想(145レビュー)

生沢努(生沢メイの夫) -• 血の凶作 十一月• 」 この言葉をまさに実践していく主人公の活躍を、大胆に、スタイリッシュに描く、新時代の「探偵物語」。 まとめ 以上、ロングセラーを続ける女性探偵・葉村晶シリーズの紹介でした。 - 『錆びた滑車』5位• 内容は、娘が行方不明になっており、手掛かりを知っているはずのミチルから聞き出してほしいというものでした。

もっと