マリア ファンケル ク ホー フェ。 中国ではアフリカ人がアパルトヘイト中!しかし、テドロス事務局長、民主国家のお手本である「台湾」を誹謗中傷し、民主主義の敵である中国を大絶賛!!しかも、WHOは初動ミスの隠蔽に必死!日米台で新機関創設は急務!

世界的なマスク不足、WHO事務局長が警鐘 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

ワクチン接種を希望する国民が接種できない事態に陥り、医療現場に混乱をもたらすことがないよう、国の責任で以下の対応を早急に行うよう要望します。 台湾政府はテドロス氏に根拠なき非難の訂正や即時釈明、台湾への謝罪を求める」と要求した。 欧州、北米、東南アジア諸国が公共衛生、社会措置、観測措置などの全面策略を継続し、感染症の下降傾向を維持すれば、第2のピークがすぐに現れることはない」と強調した。

もっと

証拠を突きつけられたWHOが露骨な嘘を吐いて言い逃れに必死 自分たちのミスを頑として認めず

外交部は「台湾は成熟した素養の高い先進民主主義国家であり、WHO事務局長本人に対する人身攻撃を人々に促すことは絶対になく、ましては人種差別的言論を発表することはありえない」と強調。 市中感染が存在する中で人々が入り交じれば伝染は避けられない」と語った。 6%で、年齢が上がるほど急激に上昇する。 今こそ、両国首脳と密接な関係の安倍総理に活躍してもらう時だ。

もっと

[要請]インフルエンザワクチンに係る要望書

そのうえで、新型コロナとHIVを同列に扱っているわけではないとしつつ「重要なのは現実を見ることだと思う。 [時事通信社]. また、テドロス氏を批判する言論は「いずれも中華民国(台湾)外交部とは無関係であり、中華民国(台湾)外交部が操れるものではない」と弁明した。 各種の公衆衛生対策が実行に移されている状況に言及し、今後の展開に楽観的な見方を示した。 テドロス氏はさらに「いまや備蓄を使い果たし、4~6か月分の受注残がある状態だ。 WHOのマリア・ファンケルクホーフェ氏は「一部の国で憂慮すべき傾向が見られ始めている」と述べ、「特にスペイン、フランス、モンテネグロ、ウクライナ、米国の一部州で、入院や集中治療室(ICU)での治療が必要な患者が増加している。 ( ) そもそもの「誹謗中傷」すら、中国とテドロス氏の仕組んだ三文芝居である可能性が出てきたのである。 このほかWHOの感染症専門家マリア・ファンケルクホーフェ氏は、国際社会の一致団結した取り組みの結果、複数の国がウイルスを抑え込んでいると分析。

もっと

WHO:第二波の発生の可能性ある

外交部(外務省)は9日、報道資料で「強い不満、深い遺憾」を示し、「断固として抗議する」と表明した。 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2020年5月26日. 大部分の人が感染しやすいことが研究でわかっており、ウイルスにチャンスを与えれば、感染症の大流行につながりかねない。 これに対し、英国やフランスなどの研究者から「これまで最も有力な科学研究では、最大で半数が無症状か発症前の感染者からうつされていた」(ロンドン大衛生熱帯医学大学院教授)などと反論する声が相次いだ。 無症状のケースを追跡しているが、二次感染は見つかっていない。 中国から昨年12月31日に感染の報告を受けてすぐに「呼吸器系の病原体なのでヒト・ヒト感染もあるかもしれないと思った」と振り返った。 欧州では現在、感染の第2波の最中で、多くの国で外出制限を伴うロックダウン(都市封鎖)が続いている。

もっと