大磯 町 図書館。 施設案内|大磯町立図書館

各種サービス|大磯町立図書館

32 ;border-radius:3px;opacity:0;-webkit-transition:opacity. 広告は巻末のほか、本文中にも挿入され、旅亭組合、海水浴場茶屋、銀行、医院、飲食店、 商店等の広告を掲載、当時の産業や風俗が窺える。 発売は三宅正之(大磯町大磯)。 各号、大磯町に関する自然、歴史、民俗、考古などの分野を網羅。

もっと

2020年 大磯図書館

なお、第1集には、『横浜貿易新報』の創刊の経緯、『神奈川新聞』がその足跡を繋いでいることが、解説として記されている。

もっと

大磯町の概略|大磯町立図書館

本文は、大磯町の誕生、山野の挽歌、文化の光、相模の国府、大磯の衰微、東海道大磯宿、文明開化、 二宮の里をタイトルとして、歴史や文化等について各項目で言及している。 「大磯砂」とは、貝殻やのかけら等で構成される小粒の海産砂利の総称であり、以前は大磯海岸で採取されたものが水槽用に流通していたため、その名残でそう呼ばれている。 カウンター・電話・館内パソコン・ホームページで手続きができます。 途中、国府地区との合併が具体化したが、これには国府地区に関しては含めなかった。

もっと

ガイド|大磯町立図書館

大磯誌 著者名 : 河田 罷 出版年 : 明治40(1907)年 請求記号: K29. 享和3(1803)年から1984年までの年表も収録。 大磯案内 著者名 : 朝倉 誠軒 出版年 : 大正11 1922 年 請求記号: K29. 龍館(とうりゅうかん)と海水茶屋」、 「大磯と歌舞伎の関係」、「別荘」に関して、展示内容を元に収録。 段差なし、点字ブロック未設定。

もっと

大磯町の概略|大磯町立図書館

地理学者で明治政府の地誌編纂事業に尽力した。 濤龍館の庭先より此の淸濱に立出たる中島、齋藤の二名士は、洗ひし砂の上を歩みて今海水に入らんとす。 議長:髙橋英俊(無所属)• なお、巻末の編纂後記にて、委員の氏名が記載されている。 黒岩(くろいわ) - 旧黒岩村• 報道発表(2017年10月23日)• 1907年(明治40年)頃の大磯には150戸以上の別荘があったと言われ、「政界の(あるいは湘南の)奥座敷」と称された。 西窪(にしくぼ) - 旧西窪村• 『磯のかおり』 著者名 : 大磯町 出版年 : 昭和59(1984)年 請求記号: K21. 私立 町内の高等学校• また、昭和59(1984)年10月24日に、大磯町滄浪閣で行われた雑談会の様子を収録。

もっと