日本 史 サイエンス。 日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る(播田安弘) : ブルーバックス

日本史サイエンス / 播田 安弘【著】

お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。 真実を解き明かすには、タイムマシンで見に行かない限りわからない。 事実だけでなく深堀りすると物の見方も変わってきます。 「」とか、科学の力でいろんなものを解き明かしてみようという試みは、楽しいものである。

もっと

日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る(播田安弘) : ブルーバックス

そして、本来なら光秀軍の先方となって秀吉軍を防ぐべく期待されていた光秀の与力衆、池田恒興、高山重友、中川清秀ら摂津衆が秀吉軍の先方となりました。 博多の戦いでの蒙古軍の死者を5000とすると、全軍の19%の損耗となり、この数字は当時の戦いの常識では「大崩れ」に相当するものだった。 ジャンルでさがす• 戦略論的、戦術論的に戦艦大和の意義を認めつつも、それを使いこなせなかった日本軍の問題点にも鋭い指摘がなされている。 海外マガジン• 加えて多数の大型軍船が投錨するには一定以上の海面の広さと水深が必要。

もっと

日本史サイエンス / 播田 安弘【著】

本書ではこのほか、本能寺の変を知った羽柴秀吉が驚くほど短時間で引き返した「中国大返し」はなぜ可能だったのか、戦艦大和は本当に「無用の長物」だったのか、についても詳述している。 零戦にしても、この大和にしても、当時の日本の技術者の力量は、なんら世界と比べて遜色はなかったのでしょう。 日本武士団の集団騎馬突撃に進軍を妨げられた。 不思議な読書体験でした」 (女性 30歳代) 「この本を読んで、大河ドラマ『麒麟が来る』を観る視点が変わった。 この程度の船だと錨を下ろしていても、風速15メートル以上になると流されてしまうことを指摘している。 全行程が220kmそれをわずか8日間で2万人の軍勢を動かしたのだから秀吉のタイムイズマネーの力が凄いです。

もっと

日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る / 播田安弘【著】 <電子版>

北西風により遭難した。 投稿者: 武富整形外科 月別ブログ記事一覧• 理科の時間がガタ減り 元寇についての数少ない史料に『八幡愚童訓』がある。 蒙古は上陸に失敗していた! 秀吉には奇想天外な戦略があった! 大和には活躍できない理由があった! 日本史の3大ミステリーに、映画『アルキメデスの大戦』で戦艦の図面をすべて描いた船舶設計のプロが挑む。 その3つとはサブタイトルにもありますが、元寇は偶然にも「神風」によって撃退されたのか、秀吉はなぜ超短期間で軍の「大返し」を実現して光秀を討てたのか、戦艦大和は単なる「時代遅れの大艦巨砲主義の産物」だったのか、というもの。 ダメだったのは。 秀吉は本陣と別れ、海路を使った。 蒙古は上陸に失敗していた! 秀吉には奇想天外な戦略があった! 大和には活躍できない理由があった! 日本史の3大ミステリーに、映画『アルキメデスの大戦』で戦艦の図面をすべて描いた船舶設計のプロが挑む。

もっと

【楽天市場】【新品】日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る 播田安弘/著:ドラマ 本と中古ゲームの販売買取

東海大学海洋工学部で非常勤講師を8年間務め、この間、2008年、日本初の水陸両用バス「LEGEND零ONE号」の船舶部分を設計。 蒙古は上陸に失敗していた! 秀吉には奇想天外な戦略があった! 大和には活躍できない理由があった! 日本史の3大ミステリーに、映画『アルキメデスの大戦』で戦艦の図面をすべて描いた船舶設計のプロが挑む。 リアルな歴史が、「数字」から浮かび上がる! 【謎の一】蒙古軍はなぜ一夜で撤退したのか? 最初の蒙古襲来「文永の役」で日本の武士団は敗北を重ね、博多は陥落寸前となったが、突然、蒙古軍が船に引き返したのはなぜか? 【謎の二】秀吉はなぜ中国大返しに成功したのか? 本能寺の変のとき備中高松城にいた羽柴秀吉が、変を知るや猛スピードで2万の大軍を率いて京都に戻り明智光秀を破った「中国大返し」はなぜ実現できたのか? 【謎の三】戦艦大和は「無用の長物」だったのか? 国家予算の3%を費やし建造された世界最強戦艦は、なぜ活躍できなかったのか? そこには「造船の神様」が犯していた致命的な設計ミスが影を落としていたーー。 しかしながら、船がひしめき合って彼らは上陸に手間取ったと見る。 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。 がを討ったな後、中国地方で毛利氏を攻めていたがすぐに京に戻れたのは何故か? 事前に周到な準備をした。

もっと

『日本史サイエンス 蒙古襲来、秀吉の大返し、戦艦大和の謎に迫る』(播田 安弘):ブルーバックス|講談社BOOK倶楽部

時間をおいて再度お試しください。 戦いは蒙古軍2万6000人に対し、日本側1万人で行われ、日本側の半数は強力な騎馬武者、蒙古側は元と高麗の混成軍で言葉も通じない集団だったと推定する。

もっと

【日本史の謎】博多に来襲した元軍がたった1晩で撤退した本当の理由(ブルーバックス編集部)

小さな「数字」を徹底して読みとり、積み重ねていくと、 大きな「真実」のかたちが見えてくる! 各界からも絶賛の声! 「面白かった! 歴史を科学的・客観的データで捉え直すという学際的なアプローチは素晴らしい」 大隅典子さん(神経科学者・東北大学副学長) 「結論として、秀吉の大返しは常識的な行軍ではほとんど不可能だったということになる」 藤田達生さん(三重大学教授/『本能寺の変』(講談社学術文庫)著者) 「排泄物の量まで計算して秀吉の不都合な真実を暴き出すとは! 物理という刀で斬り込んだまったく新しい歴史書だ」 山崎貴さん(映画「アルキメデスの大戦」「STAND BY ME ドラえもん2」監督) 「文献だけでは歴史は解明できない。 父は造船所経営、母の実家は江戸時代から続く船大工「播磨屋」の棟梁。 本書も同じく、合戦で「神風」が吹いたのではない、という説だ。 リアリティの欠如、目的のために最適化されていない手段。 中国大返しにおける諸条件の運動強度は、自衛隊員の訓練や東日本大震災での救助活動にあたった警察官の活動などにも詳しい第一人者に確認。

もっと