西田 寛昭。 【速報】スカウト狩り逮捕者「全員の名前」を入手!乱闘、殴る蹴るの暴行「リアル新宿スワン」歌舞伎町の闇名簿

増える“生け贄” 殴る蹴るの暴行で血祭りに…新宿歌舞伎町“スカウト狩り” 異常事態はなぜ起きた?|ニフティニュース

幸平の加藤英幸総長は高齢で、誰が跡目を担うのかについては決着が付いていない。 そこで、騒動の調整役として登場したのが、それぞれのスカウト会社と繋がりのある暴力団だった。

もっと

歌舞伎町で乱闘疑い、組員とスカウト7人逮捕 引き抜きめぐり対立か

河合喬(30) 住吉会幸平一家加藤連合会賢総業・組員• 騒動に巻き込まれたスカウトの男性は「ナチュラルに関係ないスカウトまで全部目の敵にされてボコられた。 スカウトは通常5人程度でグループを作りますが、『木山兄弟』の異名で知られる西田容疑者らはスカウト数百人を率いる大グループ。 それが問題になって関係者と話し合いがもたれるも決着つかずに決裂。 kabukinodebuken 最近歌舞伎町も刺激ねーな。 そうなったらシャブ売ったり、詐欺に精だしてるヤクザには、うちらナチュラルに上納金持ってこさすかな〜。 「引き抜いたスカウトは譲らない」と手打ちを拒否したのだ。

もっと

歌舞伎町で乱闘容疑 組員とスカウト、引き抜き巡り対立:朝日新聞デジタル

より多くのスカウトを狩った方が次世代争いで有利になると下っ端が考えて競争が激化したようだ」(暴力団関係者) 今回の抗争で組織力や資金力に長けたスカウト軍団の実態も明るみに出た。 (ただし該当記事アップの時点では実際逮捕されていませんでした。

もっと

増える“生け贄” 殴る蹴るの暴行で血祭りに…新宿歌舞伎町“スカウト狩り” 異常事態はなぜ起きた?

森岡英治(31) 住吉会幸平一家加藤連合会聡仁組・組員• そのことが原因で結果的に、ナチュラル社員の8人組が、住吉会の四次団体である賢総業(けんそうぎょう)組員2人に暴行を加えるという事態に発展したそうです(「金髪のスカウトがヤクザの頭を金属バットではじいた」という噂もあり)。 また「だいわりゅう」氏は元スカウトだという情報もあり、そのためにスカウトに対して特殊な思い入れをしているという可能性もありえます。 新宿スワンの時代と違ってスマホやネットが発達してるしすぐ発見されて襲撃されるのすごいよな。

もっと

歌舞伎町で乱闘疑い、組員とスカウト7人逮捕 引き抜きめぐり対立か

小長谷容疑者は2人の実弟にあたる。 kabukinodebuken 暑くてイライラするから、ストレス解消に歌舞伎町のライオンズマンションの加藤連合会の事務所に行って、組員ぶん殴ってストレス解消しに行こうかな。 吉川容疑者らが介入して対立が激化したとみている。 例えば匿名掲示板では「ナチュラルが潰されたというのはガセ。 ナチュラルの双子の代表の顔画像 ツイッターではナチュラルの木山兄弟の顔画像を上げている方がいました。

もっと

コロナ禍の“スカウト狩り”…背景に何が? 裏社会ライターが明かす“夜の街”のいま

西田容疑者と桑村容疑者は数百人の規模を誇るスカウトグループ「ナチュラル」の代表で、名字こそ違うものの血がつながった双子だ。 いいねとリツイートよろしく スカウト会社ナチュラルの最新狙われ度ランキング 1位武内一貴a. そんなコロナ禍における夜の街のスカウトについて、「SNSを利用した遠隔スカウトが流行っている」と指摘するのは週刊SPA! この事件は住吉会系加藤連合会が関係していたスカウトグループが同じ加藤連合会系のスカウトを自分のスカウト会社に引き抜いたことから、トラブルに発展。 粛々と全容解明を進める」と語る。 田辺氏は先日行ったという歌舞伎町スカウトマンへの取材で聞いた話として「コロナ禍で派遣切りや職を失った非正規雇用の女性がスカウトされるために歌舞伎町に来るというケースは増えている。 風俗店スカウトの引き抜きを巡るトラブルから、6月に東京・新宿の歌舞伎町の路上で乱闘したとして、警視庁組織犯罪対策4課は28日、暴力行為法違反などの疑いで、指定暴力団住吉会系組幹部、吉川八代隆容疑者(49)=新宿区=ら組員4人と、西田寛昭容疑者(35)=住所不詳=らスカウトグループの男3人を逮捕した。

もっと

歌舞伎町で乱闘疑い、組員とスカウト7人逮捕 引き抜きめぐり対立か

河合容疑者ら組員4人は、さらに別のスカウト(29)につかみかかり、顔面や頭部、尻や腹をブン殴り、そばに止めてあった自転車を相手の腰付近に投げつけた。 トカナで再三にわたって報じた。 昨日と今日でもう結構やられただろ。 その「」と題されたその記事の内容をまとめると、• 組員については別のスカウトの男性(29)にけがを負わせた疑いもある。 こういった事件はなくなってほしいですね。

もっと

暴力団組員と「スカウト」グループが乱闘 引き抜きめぐりトラブルか(2020年10月29日)

というわけで該当の記事はこのような内容だったのですが、「日本の黒い霧」は胡散臭い情報も多いので注意が必要かもしれません。 小長谷研人(30) スカウト会社社員 賢総業、聡仁組からともに2名ずつ逮捕者が出ており、また逮捕された「スカウト会社社員」とされる3名ですが、 西田・桑村の両容疑者がいわゆる「木山兄弟」として知られていた双子の代表であり、さらに小長谷容疑者がその2人の弟だといいます。

もっと