鹿 肉 レシピ。 鹿肉レシピ紹介します。家族に人気10選!

エゾ鹿(蝦夷鹿)内モモ(ミニブロック)は柔らかく濃い味わいのジビエ肉です。

子供たちも大好きなカレーですが、毎食カレーライスだと飽きてしまうので、そんな時はカレーうどんが登場します。 冷めても美味しいらしく、我が家の子供たちご飯の後もムシャムシャ食べています(行儀悪いですね)。 牛ホルモンのような脂、 牛すじ肉のような歯応えの肉 アナグマ肉はとにかく分厚い脂のコクと甘みがすごい…! 脂を味わうと言っても過言ではない特徴的なジビエです。

もっと

イノシシ肉(ジビエ)の美味しい食べ方とレシピ!下処理の方法は?

下記に料理例も載せてみたけれど、今のところ、 スライスしてそのまま食べるのが一番美味しいです。 材料もたまねぎ・人参・じゃがいも・カレールーだけですから簡単ですね。 鹿シンタマの解体(下処理) シンタマの薄い膜を丁寧に剥がして、いくつもの筋を除いていくと、牛でいうシンシン・カメノコ・トモサンカク・シンタマカブリ(端材)の4つに分けられます。 基本はその他のお肉を使ったカレーの作り方と一緒ですが、最初に一度強めの火で表面を焼き、一旦取り出した後その他の野菜をある程度炒めたところへ再度戻して3時間程度煮込むようにすると鹿肉が柔らかく美味しく仕上がります。 キノコと合わせて目先を変えてみました。 でも毎回、それなりに美味しくできます(笑) タレを肉によく混ぜて、一晩冷蔵庫で寝かせます。

もっと

シカ肉レシピvol.4 ジャーキー|なかまの家

日々、色々と調理していますが、忘備録も兼ねてこのブログに記していくことにします。 ・鹿肉のピカタ 続いてピカタの紹介です。 下味つけて、片栗粉つけて、カラッと揚げるだけ。

もっと

Makuake|鹿で作る削り節<鹿節>と猪で作る醤油<猪肉醤>で天然由来のæ

ま、予想通り、美味しいです。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 嫌われがちなすじ肉でも圧力鍋を使うとあら不思議。

もっと

Makuake|鹿で作る削り節<鹿節>と猪で作る醤油<猪肉醤>で天然由来のæ

<血抜きの仕方> 血抜きは、解体処理施設で行われていますが、少し臭みをまだ感じる場合は下記の次の方法を試してみて下さい。 それでは、簡単にレシピを。 でも、圧力鍋で調理することであら不思議! とってもやわらかく食べやすくなっちゃいます。 それなら、やってみよー!と思って、解体する時に取り出し、冷凍してありました。

もっと

鹿肉レシピ紹介します。家族に人気10選!

マヨネーズと相性抜群です。 調理やレシピの特徴としましては、繊維が細く繊細な赤身肉ですので、アロゼなどのソテーの際にバターなどをまわしかけながら焼いたり、パイ包みなどをして優しく火を通していく工夫が必要と思います。 ) 燻製やハムなどお肉の水分を極限まで抜きたい場合は、岩塩を肉の表面に刷り込み、厚手のキッチンペーパーをぐるぐる巻きにして、冷蔵庫で一晩おくと余分なドリップが排出されます。 色々検索してみると、網脂を料理に使うメリットとしては、 ・淡泊な素材に脂(コク、深み)を補強する ・材料を「包む」ことができる の2点にあるらしい。

もっと

鹿モモ肉のロースト(ジビエレシピ)

5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 肉の線維が細く、きめが細かく、しっとりと焼き上げることで、ビロードのような滑らかさが出てきます。

もっと