竹 取 物語 かぐや 姫 の 昇天 現代 語 訳。 竹取物語『天の羽衣・かぐや姫の昇天』現代語訳(1)

「竹取物語:天の羽衣・かぐや姫の昇天〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

動作の主体である天人を敬っている。 ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。

もっと

『竹取物語』について9の考察!かぐや姫の正体や作者の意図をネタバレ解説!

「自分はこの国の人でなく月の都の住人で、十五日 旧暦八月十五日、中秋の名月 に迎えが来るので、帰らねばなりません。 係助詞「こそ」を受けて已然形となっている。 見るからに、病人のようになった大納言は、家来の前でかぐや姫を誹謗中傷したが、かぐや姫と結婚するために離縁した妻や世間の見る目は厳しく、物笑いの種となるのであった。 彼らは皆平安初期の世の中を牛耳っていた藤原政権の高級官僚たちなのです。 この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

もっと

『竹取物語』の原文・現代語訳1

続きはこちら. 」と言って、手のひらに入れて家へ持って帰って来た。 『竹取物語』の世界観の魅力を、名言から解説! 「かぐや姫」という姫君の魅力は女性たちが共感する部分もあるのではないでしょうか。

もっと

竹取物語[かぐや姫]・六・『竜の頸の珠‐大納言大伴御行』(原文・現代語訳)

「言ふ」の尊敬語。 しかし主役である「かぐや姫」と並ぶくらいに存在感のある登場人物たちがいます。 動作の主体である竹取の夫妻を敬っている。 その後「かぐや姫」は月を見て物思いにふけり、時には泣いていることもありました。

もっと

【竹取物語】5人の求婚者がほんとダメ男!!かぐや姫からの無理難題への対応と言い訳がが酷い|日本史|趣味時間

『かた時』と のたまふに、あやしくなり はべり ぬ。 おぼしき=シク活用の形容詞「おぼし」の連体形、思われる、見受けられる まうで来(こ)=カ変動詞「まうで来(く)」の命令形、「来」の謙譲語、動作の対象である王とおぼしき人を敬っている。

もっと

竹取物語『天の羽衣・かぐや姫の昇天』現代語訳(1)

竹を取るために山に入る度に黄金が入っている竹が見つかったのだ。 お仕えしている家人は主を皆で難波まで見送りました。 いらっしゃる、おられる、あおりになる。 」と言うけれども、 「 なにしに悲しきに見送り たてまつら む。 」と言って、泣いて書く(かぐや姫の手紙の)言葉は、 「この国に生まれぬるとならば、嘆かせ奉らぬほどまで侍らむ。 英語で言う助動詞「canやwill」みたいなもの。

もっと