不正 競争 防止 法 違反。 商標法違反・不正競争防止法違反等

商標法・不正競争防止法に関する裁判例6選

具体的には、事業者が価格や品質によらず競争する行為を不正競争行為と位置づけた上、 不正競争行為に対する差止請求権や損害賠償請求権等を規定することで、不正競争行為を防止することを目的としています。 競争といえば、運動会の徒競走でもそうですが、相手の足を引っ掛けたり、フライングした上で1位になることは許されません。 (2)営業秘密の管理方法のご相談 営業秘密の持ち出しを防ぐためには日ごろの管理方法の整備が重要です。 第11号も、第10号と同様に、平成23年に大きく改正され、現行の規定になりました。 また、「ベネッセコーポレーション事件」では、委託業者に派遣されていた派遣社員が、顧客情報を名簿業者に転売しており、外注先や委託業者の従業員等が個人的な利益のために情報を持ち出すリスクについても対策をしておく必要があります。 例えば、A社が発売した独特なデザインの犬のぬいぐるみが人気となり、B社がそれと全く同じデザインでぬいぐるみを発売したとしましょう。 PC樹脂の製造技術に関する情報は世界的に希有な情報であって、製造に関係する従業員は当該製造技術が秘密であると認識していたといえるとして秘密管理性を肯定 知財高裁平成23年9月27日 平成22年 ネ 10039号。

もっと

【基礎知識】不正競争防止法とは? 違反の具体例や罰則をわかりやすく解説!

違反した場合、個人には10年以下の懲役または2000万円以下(外国企業の場合は3000万円以下)の罰金を科し、法人の場合、5億円以下(外国企業の場合は10億円以下)の罰金を科す。

もっと

商標法違反・不正競争防止法違反等

信用回復措置請求(法14条) 不正競争行為によって営業上の信用を害された者は、侵害者に対し、営業上の信用の回復をするために必要な措置を請求することができます。 10号では、こうした技術的制限を妨げることができる装置やプログラムを譲渡し、引き渡し、展示し、輸出入し、又は電気通信回線を通じて提供する行為を「不正競争」と定義しています。 以上のような行為を行なった者は、被害者に対して損害賠償の責任があるほか、処罰される。 この場合でも、A社とB社間のライセンス契約に定める権原の範囲内であれば、不正競争防止法19条1項6号により、A社の行為は「不正競争」に該当しません。

もっと

不正競争防止法とは|事例・罰則などの基本知識をわかりやすく解説

その理由として、被告の行為は、ルイ・ヴィトン社が長年の企業努力により獲得した原告標章の著名性およびそれにより得られる顧客誘引力を不当に利用して利得するものであって、原告の企業努力の成果を実質的に減殺するものであると指摘しています。 しかし、これについても 一般的なひな形を安易に利用して作成したような抽象的なものは、いざというときに全く役に立ちません。 。 この改正は営業秘密の保護強化を主としており、刑罰の強化や処罰対象者の拡大などによる抑止効果を高める狙いがあります。 不正競争防止法の一部を改正する法律• このデータは、複数の企業間で提供・共有して新たな事業の創出につなげたり、サービスや製品の付加価値を高めるためのデータです。 )と同一若しくは類似のドメイン名を使用する権利を取得し、保有し、又は使用する行為を「不正競争」と定義しています。 企業側が特定の情報を秘密として管理しようとする意思を明示しているか 情報にアクセスした従業員等が秘密であると認識できるか この条件を満たすための具体的な対策として以下のようなことが考えられます。

もっと

不正競争防止法違反被害への救済

ただし、損害賠償請求の前提として必要な不正競争行為者の故意・過失については、不正競争行為について過失があったものとの推定規定はありませんので、権利者の側で証明しなければなりません。 そこで攻撃者は、メールを送って誰か社員のパソコンに侵入し、そこからサーバーにアクセスします。 これら技術的制限手段がとられているものにつき、ただ見しようと、それら制限を無効化する機器やプログラムを開発し、それを誰かに提供すると、不正競争行為に該当します。

もっと