クラシック 音楽 公演 運営 推進 協議 会。 クラシック音楽演奏・鑑賞にともなう飛沫感染リスク検証実験報告書が発表

業種ごとの「感染拡大予防ガイドライン」について(R2.11.20時点)|徳島県ホームページ

公演主催者は、本ガイドラインを参考に、各都道府県の対応や地域の感染状況を踏まえ、施設設置者や施設管理者と十分な協議を重ねて、感染防止に向けて最大限の方策を講じていただくとともに、本ガイドラインに従った取り組みを行う旨ウェブサイト等で公表するよう求めます。 また、ホルンは先端が右に向いているため、演奏者から50センチメートル離れた場所では、前方よりも右側のほうが多くの粒子が確認されました。 ワーグナー作曲、オペラ『ワルキューレ』より「ワルキューレの騎行」の演奏は、ホルヘ・パローディのビデオ指揮に合わせ、8名の歌手、2台4手のピアノが共演する。 奏者前方160cmの位置にアクリル製の遮蔽板を設置しても、設置しない場合とほぼ同じ測定結果となり、アクリル板の効果を検証することはできなかった。 策定時のガイドラインでは、基本となる感染予防対策を実施した上で、より感染予防効果を高めるための推奨事項としてまいりましたが、今回の改定では、ガイドラインの遵守を前提としています。 だが実際のホールの舞台では環境中に多く存在するホコリも同じく微粒子としてカウントされるため、「演奏による飛沫だけを適切に把握することは難しい」との意見が相次ぎ、クリーンルームでの検証実験が計画された。

もっと

「クラシック音楽演奏・鑑賞にともなう飛沫感染リスク検証実験」の声楽編を実施

毎年12月恒例の「第九」(ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付」)公演、特に今年は作曲家の生誕250年にあたり、日本全国のオーケストラ&合唱団がどのような形で開催できるかが「測定の最も近いところに位置するゴール」(中心メンバーの医師・林淑朗氏)と語り、舞台上で飛沫がどれくらい飛ぶのか、歌手同士がどの程度距離を保てばいいのかを検証することを目的として実施され、10月末の報告書公開を目指す。 本コンサートでは20曲の演奏を予定している。 出演者に名を連ねるのは、世界のトップ歌手が共演者として指名し、数々の賞に輝く、メトロポリタン歌劇場の副指揮者、 ハワード・ワトキンス、天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典で国歌を披露した 森谷真理、二期会でスター・テノールとして活躍する 山本耕平、アメリカでもその評価が日に日に高まるバリトンの新星、 栗原峻希、五島記念文化賞新人賞を受賞の 砂田愛理、新国立歌劇場を中心に活躍する 田村由貴絵、マルチキャリアが注目を集める 武井涼子、そして中国からは ナン・チン、カナダ人歌手の ウィリアム・デビアンなど、そのほかの出演者もホルヘ・パローディが認める実力者ぞろいだ。 。 トランペットは楽器先端部で最も多くの微粒子が出て、前方75cmの測定点でも多めの微粒子が認められた。 4が行われました。

もっと

公益社団法人 日本演奏連盟

「第九」の「新しい演奏様式」に目処がつけば、演技を伴うオペラ上演、全国のアマチュア合唱団のリハーサルや本番にも今回のデータが積極的に活用されていくだろう。

もっと

「クラシック音楽演奏・鑑賞にともなう飛沫感染リスク検証実験」の声楽編を実施

この実験結果について協議会は、演奏者の配置を楽器ごとに検討するなど、感染が広がる前の形に近づけるための科学的な根拠になるとして、個別に対策を進めながら演奏会を再開している各地のオーケストラなどに広く活用を呼びかけています。 政府が公演を厳しく規制する代わり、民間スポンサーが休業補償も買って出る米国などと違い、日本では公演の続行による収益の確保が大前提となる。 (本会企画制作事業) タイトル: 世界のダンス! ナビゲーターにはフォーブス ジャパンWeb編集部編集長の 谷本有香をインタビュアーに迎え、出演者から普段はなかなか聞くことのできない演奏に対する思いなどが披露される。 TIVAA芸術監督、アメリカを中心に世界のオペラ・ハウスで指揮者として活躍する ホルヘ・パローディが厳選した世界的音楽家、日本を代表する音楽家たち30名による約15曲の演奏を、日本、中国、アメリカ、イタリアと4か国から配信。

もっと

クラシック音楽 演奏時の飛まつ 楽器ごとに検証

新国立劇場は現在、リハーサルでは合唱団全員にマスク着用を義務付けているが、材質や仕様は個人の自由に任せている。 さらに「客席」として人間の会話、咳、発声(『ブラヴォー!』など)を再現、ソプラノとテノールの独唱を近日測定する予定の声楽編の「予備実験」として行った。 しかしながら、昨今の都市部における感染者の急激な増加により、第二波、第三波と称される新たな感染拡大の到来も懸念される中、令和2年9月19日以降、「11月末までの催物の開催制限等について」(令和2年9月11日付 内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長事務連絡)に基づく制限の緩和を行う場合には、多くの人々が密集するイベントにおける感染リスクの高さを強く認識し、より徹底したガイドラインの運用が求められております。

もっと