ジェイン オースティン の 読書 会。 映画『ジェイン・オースティンの読書会( The Jane Austen Book Club )』2007年/アメリカ 現代アメリカの恋愛と結婚と離婚とジェイン | ジェイン・オースティン『高慢と偏見( Pride and Prejudice )』ファンサイト

解説・あらすじ

そして、毎月1冊、各人の家でオースティンの本に関するディスカッションを行うと同時にそれぞれの気持と生活、人間関係が複雑に交錯していきます。 プルーディー - ()• しかし、M・ベロ。 ジェインオースティンの読書会という映画を見て 気になったのですが ジェインオースティンを読んだことな人なんているの? というようなセリフがあり ジェインオースティンはそんなアメリカで有名な作家なのか気になりました。 18歳。 ジムではいい男との出会いもあるわよ、と言う彼女にシルヴィアはこう返します。 逆に、オースティンへのリスペクトという観点では、どうしても物足りなさが残る。 ジョスリンの親友シルヴィアも、ちょうど夫から「他に好きな人ができた」と告げられ、窮地に陥っていた。

もっと

解説・あらすじ

恋多きシルヴィアの娘、アレグラ。 『読書会』の魅力の一つは、登場人物の若い頃のややエキセントリックな経験を描いた断章の数々なのだが、実のところそれらは「心理的ポルノグラフィティ」とでも称すべきものであって、オースティンの悠々たる世界観、バランス感覚にはとうてい及ばない。 作者を崇拝するかのような熱狂的な人、全く読んだことのない人、と作者に対する興味の度合いもさまざまな男女数人が集まり、毎月、オースティン作品について語る「読書会」を開く。 出演する女優や俳優がそれぞれはまり役なのもよかったですね。

もっと

レディたちの心理ポルノ 『ジェイン・オースティンの読書会』 カレン・ジョイ・ファウラー、中野康司 訳 / ちくま文庫: 烏丸の「くるくる回転図書館 公園通り分館」

彼女は「オースティンは、人生の最高の解毒剤だ」と常々、考えていたからだ。 (映画での設定)40歳の俳優が演じている。

もっと

ジェインオースティンの読書会。

アレグラの父親。 バーナデット - (日本語吹き替え:)• しかし、オースティンの長編小説は6冊あるため、メンバーもあと3人必要だ。 かつてはITサポートをしていたが、ITバブルがはじけて、派遣社員として大学で働いている。 音楽:• 中には「結婚して20年、本当に心の絆が保てるの」、 「難しいのは別れ方ね」など、結婚に関しては、 否定的な意見が飛び交う中、この台詞がキラリと輝く。 つくりが上手いです。

もっと

ジェイン・オースティンの読書会とは

の、たとえば『猫のゆりかご』や『スローターハウス5』のあのタッチだ。 当日はその本に関するディスカッション なんだか非常に楽しそうで、わたしも機会があれば主催をしてみたいものですね。 本作の登場人物と、ジェイン・オースティンの小説の登場人物が、さりげなくリンクしている点も楽しい。 本を読んでいる方がいいけれぼ、出来れば、「高慢と偏見」くらいを見ておいた方がいいかも。 製作:、、• グリッグ(『』) ジョスリンが誘った、読書会唯一の男性。 特に、読書の秋におすすめ!彼女たちの心の声を集めた英語表現を味わってください。

もっと