藤原 道長 摂政。 藤原道長

藤原道長・頼通による摂関政治の成立と地方政治の乱れ【日本史B 第19回】

に醍醐天皇が危篤となると、幼いへの譲位と同時に摂政に任じられた。

もっと

藤原道長・頼通による摂関政治の成立と地方政治の乱れ【日本史B 第19回】

これにより「摂政・関白」の任命に、上皇の意向が反映されるようになります。 この一条天皇の時勢、道長は内覧という役職についていました。 現代のような議会制民主主義ではないので国会議員のような役割は存在しません。 長徳1 995 年が流行,関白を務めていたふたりの兄が死去すると,その後継者のをめぐって,兄道隆の息子伊周と激しく争うが,姉詮子の強力なバックアップによって同年5月,内覧 摂政,関白に準ずる職 となる。 。

もっと

藤原道長とは

この歌は 望月の歌と呼ばれています。 頼道は「寛子」以外に女子に恵まれなかったため、道長のように何人もの娘を天皇の妃とすることができず、唯一の娘「寛子」も子供に恵まれませんでした。 「摂関政治」の終焉!「摂関政治」を終わらせた「院政」とは? 「院政」とは何か?「天皇」を「上皇」として操る政治手法 【 1068年】に、藤原道長の血を引いた「後冷泉天皇」が崩御した後、道長の家系「藤原北家」を外戚に持たない「後三条天皇」が即位しました。 道長は彰子を一条天皇の中宮とし、ほかにも3人の娘を三条天皇、後一条天皇、後朱雀天皇の后とすることに成功しました。

もっと

藤原道長・頼通による摂関政治の成立と地方政治の乱れ【日本史B 第19回】

寛弘元年 1004 三月、法興院に万燈会を挙行する。 同三年四月、従二位。

もっと