炊飯 器 掃除。 【炊飯器のカビ・臭い】掃除方法や加熱処理のやり方など(蓋も!)【ハイター・酢・重曹・熱湯・クエン酸など】

炊飯器の内ふた汚れ、重曹パックでペロンと取れる!

年に一度のお手入れ方法【ファン部分の吸気口】 あと、我が家が毎年必ずおこなっているのは、炊飯器を裏返して、ファン部分の吸気口を掃除することです。 固まって落ちないときでも、水に浸しておくとやわらかくなります。 慣れてしまえば、分解や取り付けもとても簡単にできるようになります。 内ブタの頑固な汚れは、重曹ペーストでとれる。

もっと

意外と知らない炊飯器のお手入れ。気になる汚れ・こびりつきをスッキリ落とすコツは?

また、内釜の中でお米を砥ぐというのも同様の事が考えられますのでザルなどを使って、お米を砥ぐのは内釜以外の場所で行いましょう。 お菓子作り用の刷毛は、持ち手はプラスチック製のものが丸洗いできて便利です。

もっと

炊飯器の掃除の頻度はどれくらい?各パーツごとの洗い方も紹介!

本体の外側も、サッとひと拭きでOK。 長時間放置すると、カビや細菌がでんぷんをエサにして繁殖します。 重曹には、クエン酸のような殺菌効果はありませんが、酸性の汚れや臭いを中和して落としてくれる効果が期待できます。 2-2. ここはホコリがたまりやすいので、ふきんで拭いた後、掃除用のブラシや歯ブラシを使ってホコリをかき出してください。 おいしいお米を炊くのに欠かせない炊飯器。 重曹を使うタイミングは、特にお肉料理などを炊飯器を使用して使った場合です。

もっと

炊飯器の内ふた汚れ、重曹パックでペロンと取れる!

クエン酸自体、食品に使用しても安全なものなので安心して使用できるというのもポイントです。 また、炊飯器を開けた時に、つゆ受け部に水分がしたたります。 掃除に必要な道具 炊飯器の掃除に必要な道具は、アルコール除菌スプレーとクエン酸、重曹です。

もっと

炊飯器の掃除でオススメの手順4選!効果的なノウハウとは?

家族や自分のためにも炊飯器の掃除はぜひ行いましょう。 炊飯が終わったら、保温機能を切って冷めるまでそのままにして。 頑固は汚れは落としたいけれど、ケミカル洗剤は心配……という人にもぴったり。 空気と一緒にキッチンの煙や油、ホコリを吸い込むため油汚れが付着しやすいので掃除が欠かせません。

もっと

炊飯器の洗い方(外釜・内釜・蓋)と手入れ方法は?重曹/クエン酸

湿らせた綿棒などを使ってきれいにしましょう。 冷めたら内釜に残ったお湯を捨てて、内釜や内蓋などのパーツを取り外して洗いましょう。 炊飯器の種類によっては多少お手入れ方法が変わってくると思いますので、取り扱い説明書も参考にしてくださいね。 炊飯器を開けると、まず目に入るのが内ふたのカバー 機種の中には、内ふたカバーがないものもあるようです。 しかし、布だとなかなか細かい部分の汚れが取り除けませんので、フタの接続部分や隙間などふき取りにくいところは綿棒を使って細かい汚れを取り除きます。 長時間作業することで、炊飯器を傷めたり変色させます。 今回紹介したお手入れ法をヒントに、ぜひ炊飯器を清潔に保つ努力をして下さい。

もっと