郷原 信郎。 元検事の郷原氏「強制捜査やるしかない」 桜の夕食会で:朝日新聞デジタル

郷原 信郎

しかし、それが、安倍首相にとって、致命的な「悪手」(あくしゅ:形勢が悪化するような指し手)であったことは盤面上も明らかだ。 田原 多くの人がそう思っていましたね。 つまり、安倍首相が、参議院本会議の代表質問で行った答弁は、丸ごと「大ウソ」だったことが明らかになった。

もっと

郷原信郎「検察は神ではなく人は間違いを犯す」

- 法務省法務総合研究所総括研究官兼教官就任。 1年前、安倍氏は、この前夜祭についての説明不能の状態に陥り、将棋で言えば、完全に「詰んでいる」のに「投了」せず、そのまま首相の座に居座り続けた。 高校は、島根県立松江南高等学校を卒業されています。 小沢さんが悪者だと思われた、その原因は「政治とカネ」の問題です。

もっと

郷原信郎とは

安倍首相夫妻は、雛壇に立って乾杯の挨拶をする際に、ホテルスタッフからグラスを受け取っているのであり、それだけでホテルからサービスの提供を受けていることは明らかだ。 に、を契約終了で退き、4月1日には「コンプライアンス研究センター」は廃止される。 また、自供がないと長期間の勾留を強いられ、弁護人も付けずに取り調べを受ける実態を検察官時代には、どう考えていたのでしょうか。 なぜ、本来、各界で功労・功績があった人達を慰労することを目的としているのに、功労者として招待された人間に対する接遇に気を遣うことはほとんどなく、一方で、安倍後援会関係者は、開場時刻前に何台ものバスで乗り付けて、ふんだんな飲食やお土産までふるまわれるのか。 ライブドア事件についても、村上ファンド事件についても、検察の捜査の問題はさんざん指摘してきていました。 ライフサイエンスの話など、WGや4条件で初めて出た話ではない。

もっと

郷原信郎とは

まさにプロなんですが、プロとしてどういうところがおかしいとお思いになったんですか? 私は、2019年11月27日に投稿した【】で、「桜を見る会」問題に関する安倍首相の「説明」の問題点を全体的に解説し、これらの違法行為を否定する安倍首相の説明が「詰んでいる」と表現して、この問題についての安倍首相が「説明不能」の状況に陥っていることを指摘した。 4月 教授、『名城大学コンプライアンス研究センター』センター長就任。 検察の独立性が政府によって損なわれようとした時、多くの国民は反対を表明し、阻止の一因なったではないか。 その後、事務局審査部付検事、検事、長、研究官、次席検事、東京地方検察庁八王子支部副部長などを歴任。 田原 そうですか。

もっと

郷原信郎「検察は神ではなく人は間違いを犯す」

その後は、公正取引委員会事務局審査部付検事、東京地方検察庁検事、広島地方検察庁の特別刑事部部長、長崎地方検察庁の次席検事、東京地方検察庁の八王子支部の副部長、法務総合研究所で研究官や教官、などなどと歴任、キャリアアップされます。 ですから、最初は「大事件に発展するんじゃないか」と思わせながら、最後はろくな事件にならなかったというケースは、それまでにもたくさんあったんです。 2010年1月27日閲覧。 桜を見る会の前日に開催された夕食会についてお尋ねがありました。

もっと

郷原信郎とは

東大理学部卒。 この間、ガバナンス検証委員会委員長、年金業務監視委員長、総務省コンプライアンス室長を歴任。 『第三者委員会は企業を変えられるか〜九州電力「やらせメール」問題の深層』(毎日新聞社、2012年) ISBN 9784620320991• 今回は市民の検察に対する告発によって検察が調査し、ホテルに提出を要請して見積書等があることが明らかになった案件。

もっと